« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月26日 (土)

エスパルス観戦レポート21.5(VSアルビレックス新潟)

試合について。ようやくですwww

序盤からエスパルスが優勢だった。アオのファーストプレイなんか気合が入ってて、もう大丈夫だなと思えた。
その流れで生まれた1点目は素晴らしい展開だった!!中盤から淳吾が右サイドにロングパス。そこに走りこんだイチがダイレクトでのクロス!!その先に待っていたのは西澤!!頭1つ抜け出し、ヘディングシュートがゴールネットに突き刺さる。向こうエンドでのゴールだったので、「あ、入ったの!?」って感じだったがww(2点目も然り)
ここ最近のエスパルスはリードをするとやけに守備的になってみすみす勝ち点を落としていたワケだが、この日のエスパルスは一味違ったらしい。
先制点取った後も攻撃の手を休めず、積極的に攻める。特にパウロのスルーパスをイチがオーバーラップで受け取り、ゴール前まで詰め寄ったシーンは鳥肌モンだった。そして、前半終了間際、ここ最近で散々やられていたCKのセットプレーからゴールが生まれる。淳吾のキックを最初は岩下が合わせようとするも合わせきれず。しかし、こぼれたボールにいち早く反応した選手が。和道だ!!こぼれ球をダイレクトで豪快に決め、2点目が決まる。非常に珍しい和道のゴールが見られたのは非常に嬉しかった。

久々に2-0という気持ちの良いスコアで前半終了。ハーフタイムには、前編の記事でも紹介したエコチャレンジの抽選があった。何と、Tシャツが…当たるわけねぇだろwww3ケタで真ん中の数字が0になってりゃ当たりだったんだけど、大して惜しくはない(爆)
後半開始前、新潟の選手たちが出てきた後にエスパルスの選手たちが出てきたのだが、パウロがいち早く駆け足でピッチに現れるwwwああゆう気持ちを身体で表現する選手は今のエスパルスに必要だな。

そして後半開始。2-0というリードだと、1点返されると厳しくなるのだが、そんな不安をたったの5分で吹き飛ばしてくれた!!それが西澤。
淳吾のCKが直接放り込まれ、そこに詰めていた西澤がドンピシャでのヘッド!!あまりに素晴らしい展開は、去年のガンバ戦を彷彿とさせた。確か、あの試合もジェジンがCKから3点目を決めたんだよな。
この3点は、この日のエスパルスに勝ち点3をもたらすには十分過ぎるリードだった。後半15分~30分ぐらいまでは結構押し込まれる展開が続いてしまったのだが、カイトルを中心にDF陣が踏ん張り、失点を許さず。終盤に差し掛かってエスパルスにも多少決定的シーンが見られるも、4点目はさすがに遠かった。

結局、3-0で新潟に勝利!!ここ2試合は後味の悪い負け方をしただけに、ホームで快勝できたのは大きいかと。

Dscn1323  

Dscn1333  

内容も、今季見に行った試合ではベストゲームだと言える試合だった。これが何故続かないのか…いや、明日の試合は繋がると信じてるがwww
ここ最近の試合と違ったのは、DF陣が集中して守れていたこと。両CBが完全に跳ね返せてたし、サイドの守備でもイチと岩下がよくやってくれてた。そして何よりFWによるゴールが生まれたのが大きい!!

続いて、各選手の個人的な感想について。

海人:一度、彼がスタメンで出る試合を見たかっただけに、無失点且つ安定したセービングを見せてくれて、もう何も言うことはないぐらい満足だった!!あのプレーぶりなら西川にも決して引けを取らないでしょう。
イチ:1点目のアシストは正にイチの真骨頂だね。オーバーラップする場面も多かったし、パウロとのコンビネーションも良さそう。この夏場のヒーローになる可能性大。
アオ:この試合のアオはA代表クラスのプレーだった。北京に召集されなくて良かった、と言ってしまうのは語弊があるが、Jで良いプレーを続けて後悔させてやろうぜ!!
和道:守備はもとより、この試合は良い時間帯に取れた2点目の豪快ボレーだね!!セットプレーで点を取るには長身DFが出てこないといけないから。まあ、ヘディングではなかったのだけどww
岩下:前、ナビスコのダービーで見た時よりは攻撃参加する場面が増えていたのは良かった。あと、守備は相変わらず上手いので、ドリブル突破なんか増えればレギュラー掴めるかもよ?
テル:多少、パスミスなんかもあったけど、危ない場面はきっちり抑えるなど、良さも見られた。やっぱ右SHよりボランチの選手なんだなぁと実感。
パウロ:彼のプレーをちゃんと見たのは始めてだけど、かなり評価が上がりました。レギュラーたる所以も分かった気がする。なので、まだ多少見られるポカは何とかしてくださいwww
淳吾:何気に全得点に絡んでいて、彼のパフォーマンスがチームの結果にも繋がっているのかなと思った。シュートを打つ場面は少なかったけど、良いパスを供給してくれればOK。
エダ:ほとんどの選手が良かったと思える中で、少し浮いてたかなぁ…良い動きはモチロンあるんだけど、それが結果に繋がってない。そろそろ結果が出ないと他の選手にポジション奪われるぞ!?
矢島:2試合連続ゴールを求めるのは酷か…そこまで酷くはないとは思ったけど、シュートシーンに絡むプレーが少なめだったかな?
西澤:新潟戦のMVPと言っていいでしょう!!2点ともヘディングだったけど、自身の持ち味である高さで新潟でディフェンスを崩していた。これでチーム得点王だし、もっと自信を持ってやってくれれば。

Dscn1328  

Dscn1329  

岡崎:ベンチに呼ばれた時の歓声の大きさから、北京での活躍を期待してるんですよ!!サポは。この試合に関してはあんま目立ったなかったが、壮行試合でのゴールやら、おめでた婚など、ノッテるねぇ、今。
兵働:最近はベンチスタートが多いけど、兵働がそこに居ることで中盤は何があっても何とかなりそうだという安心感がある。個人的にはスタメンで見たいんだけどね…

監督:ここ最近の采配で信頼度はかなり下がっていて、この試合で同じことを繰り返すようなもんなら…だったけど、さすがに学習してきたのか、先制してもガチガチに固める戦術は取らなかったのは良かった。選手交代に関しては、そこまで露骨な交代はしなかったけど、どう見ても(言いすぎ?)合ってなかったエダを下げなかったのがよく分からなかった。

審判:カードも出なかったし、荒れなかったし、文句は無い。ただ、新潟には3枚もイエロー出てたんだね。それと、最近は審判でとやかく言わないようになってきたな。審判のレベルも向上している証拠か?

新潟:5月にビッグスワンでエスパルスに勝って以来負けてなかったんだ。それが1番意外だった。ただ、その不敗記録をエスパルスが止めたってところに深い意味があるよね。そして、ゴールも同じ数だけ取り、その取り方もセットプレーから2点という何とも律儀な勝ち方www
この日の新潟はあんまり脅威ではなかった。てか、エスパルスが新潟の持ち味を出させないぐらい良かったとも言える。
それと、新潟サポは遠路はるばるたくさんのサポーターがやってきてくれた。感謝。

Dscn1312  

磐田と同じぐらいじゃないか!?それと、キショ━━(゜∀゜)━━!!

Dscn1289  

このレポの翌日には大宮戦。てか、時間的に日曜にこの記事を見る人が殆どかwww19節は土曜日に大半が消化し、横浜が引き分け、磐田とヴェルディが引き分け、エスパルス的にはありがたい結果に。大宮に勝てば12位まで上がる。
アウェイだから、勝ち点3を取るのは決して楽ではないと思うが、負けだけは避けてもらわないと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月22日 (火)

エスパルス観戦レポート21.0(VSアルビレックス新潟)

サッカー観戦自体は1ヶ月ちょい振りだけど、日本平への観戦は2ヶ月以上振り。鹿島戦以来。

夏場のナイトゲームってことで、朝早くの出発ではなかったが、それでも昼には出ざるを得ないのが西部地方サポの現実…比較的早めに出たから、清水駅に着いてしばらくバス待ち。ただ、出発時間になるぐらいには列もかなり長くなってたため、早めに出たのは正解だったと思う。
だから、スタジアム着いたら結構人来てるのかな?と思ったが、そうでもなかったww鹿島戦の時と同じぐらいだった。また、ウイイレ大会もやってたため、マッチデープログラムを買うついでにちょろっと見てきた。

Dscn1285  

席取ってから、選手入場の際に選手達が着ていたエコTシャツが抽選で当たるエコパートナーズってカードとうちわを500円出して買った。ここ最近はスタジアムで使うお金はマッチデープログラムと食事代ぐらいで、グッズ系には全く金を使わなかったが、選手が着たサイン入りTシャツに目が眩んで、ここは夢を買ってやろうと宝くじ気分でwww結果は後で。

Dscn1286  

Dscn1287  

これら2つで500円wwwまあ、これを元手に良い選手でも獲得してくださいよ(爆)

選手がスタジアム入りした後に、この夏全国大会に出場する東海大翔洋やらエスパルスユース/Jrユースやら静岡市役所やらの壮行会があった。ユースの子が結構しっかりと挨拶していて関心だった。あと、久々に克己サンを見た。

続いて、ウイイレ大会の決勝戦が行われる。こっちの試合の方はエスパルスが西澤のゴール(ゲームでは足)で先制、ロスタイムに新潟の内田にもの凄いゴールを決められて同点。俺もあんなゴールをウイイレで決めてみたいと思ったwwなかなか面白い展開で後半に入る。そして、割と早い時間にパウロが勝ち越しゴール。立て続けにイチ(だったっけ?)が3点目を決めて勝負あり。結果、3-1でエスパルスが勝利!!本番を前に良い雰囲気にさせてくれたエスパルス代表の方にはこの試合のMVPと言っても過言ではないぐらいだwww
それと、俺はウイイレ大会に関して法則を見つけたのだが、エスパルスはウイイレ大会で挙げただけゴールを決め、取られたゴールよりも1点少ない失点数で抑えるというね。ちなみに去年のエコパでのダービー時は1-1。ほらね!!

Dscn1293  

Dscn1295  

これがあったお陰で、すぐさまパルちゃんショー開始。ここ最近のチーム状況を考えると、あのグループの曲に頼らざるを得ないのだが、やっぱりやりやがったなwww新曲の方ではなく、5月辺りに何度も見た方をやったが、俺としては3回連続で見ているので、新曲の方が見たかったかなぁ…しかし、羞恥心なら負けなしってのは分かってるんだけど、それを自分で言っちゃダメでしょ!!とあの時は思ったよ、克馬さんwww

Dscn1299  

Dscn1301  

そして、北京オリンピック代表に選ばれた3選手の壮行会に。意外とあっさり終わったなという印象。てか、3人とも意気込みの挨拶が軽いって!!まだユースの彼の方がしっかりとできていたと思う(爆)

Dscn1304  

Dscn1305  

Dscn1307   

Dscn1308  

選手が出てきて、スタメン発表に。新潟の方には野澤に拍手が送られ、野澤自身もそれに応えて手を振ってくれたのは微笑ましい光景だった。日刊スポーツによるとパルちゃんがラブレター送ったらしいしwwエスパルスは、川崎戦と違うのはディフェンスラインにアオが入り、岩下が左SBに回り、週1の男西澤がスタメンに戻ったぐらい。

とまあ、こんな感じの試合前だったから、書くことも多くなり、試合の事まで書くととんでもなく長くなるだろうから、試合については後半で。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年7月15日 (火)

それでもエスパルスが最多選出

今更、引き分けた札幌戦やホームで負けた神戸戦について書く気なんて起きないから、ホットな話題の方について書く。

【U23日本代表】北京五輪メンバー発表! 北京で戦う18名はこの選手たち! [ J's GOAL ]

W青山も柏木も…反町監督苦渋の功労者外し

 

昨日発表された北京オリンピック代表メンバー。事前にあれこれ言われていたOAは結局0。純粋にU‐23世代から18人が選ばれる事になったが、その顔ぶれについてポジション別に触れてみよう。

<GK>
順当以外の何物でもない選考だったwww正GKは西川で、控えに我らがカイトルが選出!!まずはおめでとう!!!!やっぱJでアピールできない分、最終予選での活躍が効いたと思う。いつ出番が回ってくるか分からないし、その時には最高なパフォーマンスを見せてもらいたい。
それにしても、エスパルスからは2大会連続でGKを輩出してるな(共に控えだが…)。それだけGKに関しては充実している証拠。カイトルは個人的にエスパルスの守護神になってもらいたい選手なので、この経験を糧に西部とのレギュラー争いを激しくしてもらいたい!!

<DF>
先に波乱の無かったSBについて。
SBの顔ぶれは内田、安田、長友とA代表トリオが揃って選出。実力的にも彼らは突出してるし、まあ納得の人選でしょう。これ以外のメンバーだと、中村北斗や田中祐介あたりも有力だったが、彼らに比べるとな…3人揃えたって事は4バックだな。
そしてCB。最終的に選ばれたのは水本、吉田、森重。最終予選で堅守を誇ったのは水本、青山、伊野波だった。正直、後者の3人がそのまま本番にも行くと思っていたが、そうも行かないのが生き残りへの厳しさを感じる。吉田、森重が選ばれたことに関しては何の異論も無い。2人共、チームでレギュラー獲得してるし、Jでのパフォーマンスは素晴らしい。それに対して、落選した2人はどうか。伊野波は移籍してからレギュラー獲れてないし、ポジションも固定されてなかった。今年に入ってからは合宿にも呼ばれない時もあったし、予兆はあった。アオに関しては、チームの成績と個人パフォーマンスの低さが目立ったな…去年と比べても失点は増えてるし、何よりアオのところから失点を招く事が多かった。いつぞやの記事で、オリンピック代表を辞退すべきと書いた自分としては、そのようになってしまい少し複雑なのだが、この落選で腐ったらそこまでの選手だと思う。過去には02年W杯の俊輔、04年アテネの啓太や山瀬。彼らは今や日本を代表する選手になった。アオだって、彼らのようになる素質はある、間違いなく。勝負はこれからですよ!!!!

<MF>
顔ぶれを見ると、少しアンバランスかなと…ボランチが本職なのが4人(本拓、梶山、谷口、萌)、司令塔タイプなのが2人(香川、本田圭、これに岡が加わる?)。SHできる選手が少ないのでは…梅崎もしくは水野が欲しかったように思う。こうなると中盤はボックスタイプの4枚かな?それなら前線の2人はSH的な役割だけでなく、司令塔的な役割も担えるし。左は本田圭として右は誰か。本来なら、ここに遠藤だったと思うが、それができないため、香川か梶山なのかな。それでダブルボランチは本拓と谷口(梶山)か。で、バックアップに萌。こう考えれば少しは分からなくもない。ただ、個人的に柏木もしくは梅崎を入れて欲しかった。柏木は怪我もあって不運な面もあったが、梅崎はちょっと分からんな。
あと、仮に遠藤が選ばれてたら誰が外れたのだろうか?萌か香川だと思うけど、恐らく萌だなwwそして、最後に本拓おめでとう!!最初は「何で大学生が選ばれてるの?」と思っていたが、そんな偏見を無くすだけの活躍をしてきたし、何よりエスパルスの一員となってくれた。反町監督の信頼も厚いだろうし、大いに期待してるよ!!!

<FW>
3人だと思っていたが、結局4人に。まあ、1人はMFで使われる可能性が高いがなwwメンバーを見ると、ほぼ確実視されていた李は順当に選ばれた。森本も選ばれるだろうと思っていた。意外だったのが豊田。ポストプレイのFWが居ないのは確かだが、李だって結構高さあるし、その分を中盤に回すのもアリだと思うのは俺だけだろうか?まあ、攻撃のオプションの一つとして使えればいいのかな?でも、それなら平山でいいじゃん、って思わなくもないのだが…彼の方が高さは確実にあるし、得点力もそんなに変わらない気がする。それにこのチームで戦ってきた時間も長い。与えられたチャンスを活かせなかった平山と、そのチャンスを活かした豊田で、最終的な決定打で差があったのだろう。
最後に、岡ちゃんおめでとう!!公式戦ではなかなかゴールが決められないが、合宿でのアピールが効いたな。本番でもそのユーティリティの高さを活かして、チームに活気を与えて欲しい!!

 

と、多少不満は書いたが、全体的にはそこまで異論は無いメンバーだと思う。このメンバーでメダルが獲れるかどうかと言われたら微妙…個人的にはメダルがどうとかではなく、どれだけ面白いサッカーをしてくれるかを期待してるんで。

このメンバーを踏まえると、スタメンはこんな感じかな?

   李   
        森本
       (岡崎)
本田圭        香川
           
   本拓   梶山
       (谷口)
安田         内田
   水本   吉田
      西川

今回のU‐23は、かなり多くのメンバーが試されてたし、その中から18人を選ぶのはかなり至難の業だったと思う。そうなれば、当然誰もが納得する人選なんて不可能だろうし、色んな声が上がるのは当然。選ばれた選手達は選ばれなかった選手達の分も事も考えて、2人分3人分の気持ちを持って本大会に臨んでもらいたい!!どこぞの○本のように自分の事だけ考えるんじゃなくてね(爆)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年7月 5日 (土)

日本平→鹿島国→サミット

まとめて2試合、行きます。

まずは京都戦。直前の移籍騒動で、盛り上がり度は倍増したであろう。ボール持つだけでブーイングされてたしなwwwまあ、俺もスタンドに居たら同じようにブーイングしていただろう。
前半はエスパルスに若干決定機があったかな。アウレリオの早いリスタートからエダのシュートとかね。ただ、それ以外でまともな攻撃シーンが少なかったのは問題かな…京都にも小っこいおっさんにドリブルで切り込まれるなど、ヒヤヒヤするシーンも。
そして後半。いきなりあのおっさんにやられた…ヘディングのこぼれ球にいち早く反応されたという、彼の持ち味を存分に発揮されたゴールだってのもまた皮肉wwwしかし、このゴールがエスパルスのやる気に火をつけたのか、5分後にエダがゴールポストに2度当てるシュートを決めて同点に!!キックフェイントからの取りづらいコースだった。シュートの速さはともかくwww
その後は京都に押し込まれるシーンが目立ったが、そこを何とか耐え、反撃の時を待つ。そして、終了10分前、一樹が自らのガッツで奪ったFKから、淳吾が中へ絶妙なクロス。そこに詰めたのは一樹!!しかし、実際足に当たったのはシジクレイ(爆)まさに「残念、そこはシジクレイ」だが、待望の逆転ゴール、そしてリーグ通算800ゴールが生まれた、非常に価値あるゴールだった!!90%以上一樹のゴールなのだが(800ゴール予想は一樹にしてたし、確か)、オウンゴールが記念すべきゴールってのもなwwオウンゴールと当てた人は果たしているのだろうか?
このリードを最後まで守りきり、リーグ戦再開後のホームゲームを勝利できたのは大きい。正直、内容は誉められるものではないかもしれないけど、それよりも勝てた事、先制されながらも逆転勝利できた事を誉めたいと思う。言いたい事は確かにあるけどもさ、時間も無いんで(爆)

そして水曜のナビスコ杯鹿島戦。正直、もっと後にやると思ってたから、ちょっとビックリしたww
試合についてはほとんど見てないんで、何とも言えないが、アウエーでの戦いで引き分けで終える事ができたのは良かったんじゃないだろうか。エスパルス的には。ただ、この試合ではかなり守備的な戦術を取ったらしく、その辺で相手方が色々と言ってるみたいで…

鹿島、清水の戦術批判「あれはないでしょ」…ナビスコ杯

鹿島に言いたい事。そうゆう事は勝ってから言え。守備的に行ったチームを崩せなかったのは事実だろう。シュートも14対3と圧倒していたし、決定機は幾つもあっただろう。スポパラで少し見たけど、確かにかなり引いていたと思う。だからと言って勝ちに行かなかったとは思えない。ロスタイムのオフサイドになったシーンはあったし、和道のヘディングも決まっていれば…って感じだったから、ゴール狙いに行ってたと思う。実際にスタジアムで見たら感じる事も違ったかもしれないけど、いつかのダービーナビスコみたいに完敗ではなかったし、エスパルス的にはよくやった試合じゃないかな?シュート3本は考えものだがww
あの試合(ナビスコダービーの方ね)だったら、相手チームからこうゆう風に言われても仕方ない気もするが、水曜の試合で鹿島からあんな風に言われるのは筋違いな気がする。小笠原といい岩政といい、器の小さいヤツだなと。そんなだから代表にも呼ばれないんだよ。

この数時間後には札幌戦がwww正直、この更新の遅さは良くない。まあ、あんま更新する暇が無かったって事にしておいて下さいm(_ _)m

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »