« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月29日 (金)

エスパルス観戦レポート23.0(VS柏レイソル)

今回は中5日というサッカー選手さながらの観戦だったが、以前に中2日を経験しているから(今年の大宮戦-浦和戦)、そんな大変でもないな。

いつもなら原チャで浜松駅まで行くのだが、雨の関係でバスを使用。清水に着いたときも天気は良くはなかった。しかし、雨は強くなかった。スタジアムに着いてから、傘が必要なぐらいの量だった。んで、スタジアムに入ったのだが、天候もあってか、前回とほぼ同じ位置に並んだにも関わらず、席が空き放題だったww雨で1階席に流れた人が多いのだろう。

試合前は、柏の選手バスが来るトコを見たかったのだが、飯食ってスタンド行ったら既に来ていて、結局選手も出た後だった。キタジを撮りたかったのになぁ…残念。

パルちゃんショーは悪天候でピッチでは行われず…いつもなら中止だが、本の出版もあってか是が非ともやりたかったらしい。という訳で、こんな形で行われました。

Dscn1398  

Dscn1399  

Dscn1404  

選手が入ってきて、両チームとも応援を始める。この時を楽しみにしていたんだ、俺は!!あの勝手に持ち込んだスピーカーから流れる「太陽にほえろ」からの南コール。そして、フィールドプレイヤーが入ってきてからの運動会の入場曲みたいなの。そして柏バカ一代。正直、エスパルスも応援していたりで十分に堪能できたとは言えないが、今年も柏サポのパフォーマンスを見られて満足ですよwww

試合前には雨も治まり、丁度良いコンディションで試合が始まる。デーゲームでないにも関わらずピッチ変更をしたのだが、そのお陰でいきなり間近でゴールが見られた!!いきなりCKのチャンスを得ると、岩下がクロスに合わせてヘディング。それがポストに当たってしまったものの、内側に跳ね返り、岡崎の真正面に!!これを右足で落ち着いて決め、エスパルスが開始1分で先制!!あまりにも早くて焦ったのはサポーターの方ですよとwww
このゴールの勢いのままに、その10分後に2点目が生まれようとは!!兵働からのパスを受けたエダが胸トラから頭で前を向き、その時に小林のマークを外し、GKと1対1の場面でも落ち着いてコースを狙ったシュートでゴール!!岩下のロングパス→西澤のポストプレイ→兵働のダイレクトパスと、ゴールまでの形も素晴らしかったが、エダの個人技あってこそのゴールだった。エダ、それそれ!!そうゆうプレーを求めていたのだよ、我々は。
その後もエスパルスが3点目を奪おうと攻めるも、逆にワンチャンスを物にされて1点差に…完全にイチが付ききれてなかったね。そして終了間際にアオが大谷を倒してPK。あのファウルは不要だったな、勿体ない。そのPKをフランサが当たり前のように決め(西部も思いっきり逆飛んでたしww)、同点に追いつかれる…大分戦同様、2点差はセーフティーリードではない事が証明されましたね。1点差なら尚更(昨日の話)。

あまり良くない形で後半に。次のゴールが試合を決めると言っても過言ではなかったが、またも早い時間帯に岡崎が決めてくれた!!兵働のCKから今度は和道がフリーの状態でヘディング。そのままだとGKかDFに止められるトコだったが、ゴール前でダイビングヘッドでコースを変える。当然、止められることもなく勝ち越しの3点目が決まる!!今までなら追いつかれた後に勝ち越しゴールを取れる試合はほとんど無かったのだが、この試合は違った。1点取った後、柏が人数を掛けて攻めてくるも、守備陣が奮闘。アレックスのちょっと可哀相な退場にも助けられたが、エスパルスが攻撃らしい攻撃が存分にできなかった分、よく頑張ってくれた。

追加点こそ奪えなかったものの、1点のリードを守りきり試合終了。結構久々の勝ち点3は非常に大きかった!!花火も夏休み仕様で溜まっていた分を放つことができて良かったwww

Dscn1417  

試合については、柏に思うような攻撃をさせていなかった時間が長かったので、良い感じでサッカーはできていたと思う。特に最近はよく点が取れていて良い傾向だと思う。逆に守備が崩壊気味なのは複雑ではあるが…ただ、「攻撃は最大の防御」と言うように、点が取れない詰まらない内容で引き分けるよりは、攻撃がしっかりできて打ち合いになる方が良い。そう考えれば夏場に向かってサッカーの出来は良くなってるのかな?結果があまり伴ってない気もしなくはないがwww
続いて、各選手の個人的な評価。

西部:この試合の2失点は責められない。この試合はね!!キックは相変わらず、次の試合ではファンブル…不安定さではJ髄一ですね。
イチ:菅沼の失点シーンは頂けなかった。ちょっと最近守備が緩いよね…攻撃では積極的に行けてると思います。
アオ:PKのシーンもどうだか。もうちょっと気をつけるべき軽率なプレーも多いし、北京落選の教訓がプレーに全然活かされていませんね。
和道:結果的に3点目をアシストするなど、攻撃面で活躍。守備でもアオのフォローなどで光っていた。A代表頑張ってきて!!
岩下:名古屋戦で明らかになったが、やっぱり左SBは君ですよ!!だからこそ、抗議でのイエローは勿体なさ過ぎた…熱くなるのは悪くないが、時と場を弁えて、ね!?
テル:中盤での守備はかなり光っていた。あの辺はテルじゃないと出来ないプレー。しょーもないパスミスもテルじゃないと出来ないwww
パウロ:終盤でのシュートを撃たずにゴネたシーンはスタンドため息でしたwwそれがあってか、名古屋戦では積極的に撃ってたけど。パウロそれそれ!!
兵働:結果的に3ゴール全てに絡んだので、そこは評価すべきだが、それ以上にガッカリさせるプレーが目立ったかな…期待値が高いだけに余計ね。
エダ:ゴールやアシストで評価するのは良くないけど、ここ最近はトップ下も様になってきたね。上手く自分の持ち味を出せるようになってきたのかな。
西澤:2点目はポストプレイの起点になるなど、結果こそ出なかったが、悪くはなかったのかなと思う。フランサ並みに下がってディフェンスもしてたよね。
岡崎:文句なしのMVP。チャンスを確実に物にするところ、早い時間帯で決めるところ、そうゆうプレーが欲しかったのですよ!!それにしても完全なる柏キラーですねww来年もよろしく!!

Dscn1422  

Dscn1421  

一樹:積極的に動いてくれていた。もっと長い時間見たい!!
戸田:SBよりは少し高い位置でプレー。まあ10分だけだしねww
児玉:クローザーとして出場。しばらくこの位置づけでいいんじゃない?

監督:岡崎先発はこの活躍を予期してなのか!?1点差リードでそこまで冒険もできなかったと思うし、選手交代でとやかく言うつもりはないです。

審判:横浜戦で田辺を見ただけにマシに見えたかなww前半終了間際のPKは少し大谷に騙された感が無くもないが、まあ今となってはそこまで気にすることは無いかな。あと、結構ファウル取る審判なのかな?アレックスの退場は少し酷な気がした。

柏:個々の選手は恐いんだよね。フランサ、菅沼、太田、忠成、ポポなどなど。特にフランサはね。彼がボールを持つだけで脅威を感じました。しかし、あの試合では少しパスミスもあって本調子ではなかったのかな?アレックスが退場になったシーンではかなり怒っていたようで少し恐かった。あと、その間ずっと座り込んでいた忠成に少し和んだwwwあと、太田とキタジを日本平で見られて満足でした。浩太は…しょうがないか。

Dscn1397 

Dscn1410 

Dscn1415 

この良い雰囲気のままに瑞穂に乗り込んで名古屋戦だったが、惜しくも逆転負け…名古屋も首位であるに相応しいサッカー(というか点の取り方)をしていただけに、取りこぼしという感じではなかったが、失点の仕方がねぇ…エダやパウロが積極的にシュートを撃って攻撃は良かっただけに、自滅での失点(特に2失点目)はもう…いくら西部がそれまでに神セーブをしたからって、あれを許すのはおかしい。次はガンバとナビスコだが、和道が抜けるのは痛いなぁ。対するガンバも調子悪いようで、遠藤も居ないってのは多少助かる部分はあるけど。

追記(8月30日更新):写真の位置、おかしかったですね…何故、岡崎の評価の後にレイソルの写真があるんだよとwww修正しておきました。てか、本気で気付かなかったし…軽く凹みましたわww

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年8月22日 (金)

エスパルス観戦レポート22.0(VS横浜Fマリノス)

横浜戦は父親と行ったので、島田まで車で行き、そっから清水へ。シャトルバスが出発する15分前ぐらいに着いたが、そこまで人はいなかった。寧ろ、どんよりした曇り空に驚いたww

 

チケットがかなり売れていたため、早めのシャトルバスで行っても坂の上になるかなと予想していたが、実際はそこまででなかった。てか、この試合から(ナビスコ鹿島戦から?)並び位置が変わってた。ただ、あれだとシャトルバスから降りてくる人とクロスするから若干効率が悪い気もするんだけどなぁ…まあ、入り口付近でも同様だし、多少は仕方ないのかもね。

そこまで後ろじゃなく、パルちゃんが出迎えてくれた。ハイタッチじゃつまらないので、お腹を触ってきたwww俺は逆に頭触られたが。んで、入場後は浴衣のオレンジウェーブと小パルがいた。小パルもベタベタ触ってきたwww

パルちゃんショー始まるまで結構時間があったので、いつもよりスタンドでまったりした時間が長かった。とはいえ、柏戦のチケット買ったり、夏祭りの様子を撮ったり、肉野菜丼を買ったり、マリノスの選手バス見たり、ボンバー撮ったり、ラジバンダリ!!←てか、これってメジャーなのかな?

Dscn1371  

Dscn1372  

Dscn1375  

Dscn1377  

パルちゃんショーは、まだ羞恥心にあやかってるのか、少しパターンを変えてアラジンで攻めてきたwwそう来たかと。あと、オリンピックネタも絡んでくるだろうなと思ったが、予想通り。あのスパッツ何?と思ったが、スピード社のレーザーレーサーですね。

Dscn1383  

Dscn1385  

Dscn1387  

今回は前編と後編分けないから、こっから試合について。

序盤からゲームはマリノスが支配していた感がある。前半のエスパルスは、ここ数試合の良い内容のサッカー(大分戦は前半のみ)ができていなかった。とはいえ、マリノスにそこまで決定的なチャンスを作られるわけでもなく、逆に誰があげたか分からん球速のあるクロスをドフリーだった矢島が外してしまったシーン、1対1でGKを抜いたにも関わらず中澤に詰められて決められなかったシーンの方が惜しいシーンだった。共に矢島ですね。分かります。
この辺で決められず、マリノスにセットプレーから失点…俺は失点後、こう叫んだ。「またボンバーですか!!」。正直、ボンバーの動き出しは素晴らしかったし、山瀬のキックもピンポイントでニアに入ったし、完全に得意のパターンでやられた感じ。と言っても、今シーズンのボンバーのゴールはこれで3点目。内2点はエスパルスから。完全にお得意様じゃないですかww

前半は反撃もできず終了。しかし後半、開始早々にCKでチャンスを作る。兵働のキックは誰にも触られずファーに流れる。そのボールに岩下が素早く反応し、ヘディングで合わせてゴール!!早い段階で同点に。このゴールは大きい。そして岩下、アンタ最高過ぎるよ!!!!俺がもし女だったら、その場で「結婚して!!」って叫んでただろうなwww
このゴールまでは最高だった。しかし、その後が続かなかった…相手陣内でプレーする時間は多かったと思うが、シュートまでは思うように行けなかった。健太にしては割と早く岡崎は投入したものの、2枚目のカードを使うのがいくら何でも遅すぎた。かと言ってマリノスもそこまで攻め込まれず、恐かったのは松田のミドルシュートぐらいか。
一樹を投入するも、時間が足りず、引き分けで試合終了。審判へのブーイングが酷かったため、選手には拍手。正直、拍手するような内容じゃなかったんだけどな…

攻撃は西澤が何もできなかったのが痛かった。新潟戦のように、彼の調子が良いとエスパルスの攻撃は乗るのだが(FWなんだから当たり前かww)、マリノスディフェンスに仕事させてもらえなかったな。ただでさえ2試合に1回出場なんだから、もっとゴールに絡むプレーを期待&必要とされているワケでして。あと、中盤の両SHのところで攻撃を組み立てられなかったのも痛かった。守備面ではセットプレー以外はやられてないし、こうゆう試合ではホントにFWを始めとする攻撃陣が頑張らないと報われない。ここ数試合は内容が良くても勝てなかった感があるが、この試合に関しては追いついたのもあるけど、勝ち点1を拾ったと言った方が正しいのかもしれない。負けてたら16位に落ちていたんだし。ただ、ホームでこんな試合しちゃいけないよねぇ…

続いて、各選手の個人的評価。

西部:失点シーンは仕方ない。松田のミドルはきっちり抑えてくれて助かった。そういや、今節は鹿島のアゴがパントキックからアシストしたらしいけど、西部には一生アシストは望めないだろうなと改めて実感したwww
イチ:攻撃参加する場面は多かったので、そこまで悪くはないのかなと思うが、何かが足りないんだよなぁ…
アオ:相変わらず空中戦は目を張るものがあるが、軽率なプレーがやっぱり目立つ。北京に行かなかったのは勿論正解なのだが、Jでのパフォーマンスがそこまで良いかと言われると…
和道:セットプレーではボンバーにやられてしまったが、流れの中での守備はやっぱ素晴らしかった。試合中、何度「さすがA代表!!」と言ったことかwww
岩下:セットプレーの強さは異常だねww意外にもリーグ戦は今季初ゴール。個人的にはレギュラー一押しだが、そうとなればもう少し攻撃参加が…まあ、CBで使えばいいのか。アオに変えてね(爆)
テル:中盤での守備はかなり効いていた。あれだけピンチの芽を摘んでくれれば攻撃面に関しては多少目を瞑るww
パウロ:この試合でのベストプレーは、やっぱ後半1番最初に出てきた事かなwwwパスセンスとかはあるんだけど、スピードの無さが目につくな…
兵働:難しい体勢だったと思うが、宇宙開発シュートには少しガッカリだった。ただ、CKの精度は良かった。淳吾亡き×→欠く今、兵働への期待値は高いから!!
エダ:ここ数試合に比べると良かったと言われているが…確かに矢島へのロングパスは良かったけども。どうもエダのトップ下は上手く行ってないな、と思う。
矢島:動きは悪くないんだ、動きは。最後での詰めの甘さは矢島の永遠のテーマなのかな?スピード、当たりの強さはJ1のレギュラーレベルだと思う。ストライカーとしての働きは…頑張って下さい。
西澤:何もできなかった。柏戦には出るのか出ないのか。そんだけ。

岡崎:北京帰りの割にはしっかり動いていたと思う。しかし、試合の流れは変えられず。
一樹:彼が仕事をするには時間が足りず。しかし、これは監督の責任。
児玉:何だかんだで3ヶ月ぶりか。お帰りなさい。

監督:スタメン発表の際、長谷川健太が呼ばれた時、「ダ・ダ・ダン、オーレ!!」を俺は敢えてやらなかった。それは何故か。信用していないから。この試合も、俺は25分辺りから「一樹を出せ!!」と何度言ったことか。それだけ、動きが遅いし、イライラする。フォーメーションだって、フェルありきのダイヤモンド変えないし、何かを変えていこうとしないのが理解できない。J2だけには落とさないで下さい、マジで。

審判:まず、前半の中澤が矢島をPA内で倒したシーンを流したあたりから、不穏な空気はあった。その後もファウルっぽいのを流したり、PA内での怪しいジャッジを取らなかったり(PKは取りにくいとは思うが)、挙句の果てには止血をした岡崎をなかなか投入させず、中途半端なトコで出して最後にマリノスの選手から抗議されるという始末。これ以外にもおかしい判定はあったと思うが、覚え切れませんwww副審もよく分からん判定多かったし、ブーイングは受けて然るべき。ここ最近観戦した試合は比較的悪くない審判と当たるケースが多かっただけにインパクトも強かった。田辺か…要チェックや!!

マリノス:対マリノス戦を観戦したのは恐らく2004年以来かな?あの時はロスタイムに鶴見がオーバーヘッドで決めていたなww
今のマリノスは順位の上では入れ替え戦圏内で順位も近く、ここ最近はガンバに2連勝と厄介な相手だった。ただ、実際に見た感じでは苦しんでいるなというのを感じた。3バックは堅かったけど(小椋が結構抑えていたと思う)、山瀬のボランチは勿体ない気がした。兵藤にトップ下任せるのはちょっと難しいような気も。2トップはちょっと元気が無かった気も(ロニーの移籍はかなりの痛手!?)。カノケンはあの髪の色で何を目指しているのだろうかwww
あと、サポーターもかなり多く来てくれてたと思う。シャトルバスでも青いユニ着た人多かったし。試合前にやったパラソルを使っての応援がかなり綺麗で見入ってしまった。トリコロールだから余計映えるのかもね。あれを見て、マリノスサポはベイスターズよりもスワローズの方が親近感あると思ったwww

Dscn1390  

何とか柏戦前にブログ更新っと。もう明日か。今年もあのスピーカーを使っての応援をやってくれるのか非常に楽しみでもあるwwあとは元所属選手へのレスポンスも。そして、今年はキタジが見られそうだ!!

最後に、シャトルバスから撮ったドリプラの観覧車の写真を載せて終了。分けないで書くと長くなるな、やっぱ。

Dscn1395

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年8月14日 (木)

同じ日に書類が届くとは皮肉なモンでして

昨日、バイトから帰って来たら2つの書類が届いていた。

まず1通目は、内定を頂いてる会社から社内報と内定式&懇親会があるよってお知らせ。やっぱ10月まで懇親会とかは無いかwww

2通目は最後に受けた広告代理店から。
6月の下旬に説明会があって、行ってきたというのはブログでも書いたが、面接があった事は書かなかった。1次面接は7月上旬に開催すると言っていたが、結局1次面接は7月26日の土曜日だった。最初は説明会での立ち振る舞いが良くなかったとして、足きりされたなんて在らぬ不安を抱いていたが、さすがにそれは無かったwww
1次面接は学生2:面接官4の形式だった。比較的形にはまった形態だったかな?全体で30分弱だった。正直、この日で就活は終わったと思ってた。志望動機はアドリブで浅い答えだったし、好きなテレビ番組なんて血迷って爆笑レッドカーペットって言っちゃったしwwwただ、2日後の月曜日に1次面接通過のメールが来た。この結果はかなり嬉しかった。どこが良かったのかは分からないけど、自分の答えの中に何か評価されるモノがあったのだろう。事前に準備していた新聞広告の話を持ってこれたのは良かったかな。過去の経験が活きたな、当然そこは落ちたけどもww
しかし、2次面接が3日後の7月31日というガチンコ日程wwいきなりペースが上がったな。運よく31日は空いていたので問題は無かったが。ただ、朝が早く、バスに乗り遅れたせいで新幹線を使うハメになったのは金銭的に辛かった(26日も新幹線使ったww)。
2次面接は俺1人だったが、面接官は一緒だった。そのため、1次面接の割と典型的な質問とは打って変わって、かなり突っ込まれた質問が続いた。最早、事前に考えてたことなんて殆ど聞かれず、アドリブで答えるしかなかった。色々と聞かれ過ぎて、内容はいちいち覚えてないが、10時に始まり、終わったのは10時45分過ぎ。個人面接で45分もやったのは初めてだった。ただ、非常に熱心に話を聞いてくれたし、俺もあっという間に時間が過ぎた感じもしたので、そんなに苦痛ではなかった。ここまでしっかりやってくれたんだし、どんな結果でも納得できるなと思った。
結果は早急に連絡すると言ってくれたのに昨日まで音沙汰なしだったwwwまあ、これだけ期間が空いてる時点で何となく結果は分かってたけど。ココは広告代理店ってのもあって人数も少なく、新卒採用も1人。恐らく、内定出した人の承諾書が届いてから不採用通知を出したのだろう。ただ、俺が送った履歴書やら各種証明書などが折り曲げられずに同封されてたから、内定が出たんじゃないかと勘違いしてしまう封筒だったのは何とも憎らしいwww

これで就活は完全に終わり。行き先が決まりました。結局、5月の末から変わらなかったんだけどwwwこれは内定出てからの気の緩みかなぁと思うと少し悔しい。最初は受ける気なんて殆ど無かったし、業界としての志望度も1番ではない。だったらまだ就活すれば?って話だけど、もう就活へのモチベーションは持ち合わせてないし(これで最後だと決めていた)、内定貰ってるトコだってある程度は納得した上で承諾書出したワケだし。
ぶっちゃけ、広告業界への憧れは無くなってないし、まずは営業で経験積んで、数年後に転職も考えてなくはない。ただ、転職なんてそう簡単に出来るもんじゃないだろうし(何も知らずに言ってます、サーセン)、これから入る会社でやり甲斐を感じられる可能性だって十分にある。だからこれで就活終了!!

これまでこのブログで就活日記をつけていたが、今回をもって最後…ではなく、最後に全体のまとめみたいな記事を書いて締めくくりたいと思う。今日はこれからつらつらと書く時間が無いのでww

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年8月 7日 (木)

行っペキンます!!

いやあ、小笠原や岩政のコメントが気になりますなぁwww

昨日のナビスコ準々決勝第2戦、鹿島に対して2-1で勝利を収め、通算成績1勝1分で準決勝に進出!!
第1戦では、ガチガチに守り(少し映像見たが、確かに引いてたなww)、鹿島にはボロクソに言われ、意地でも負けられない試合だった。しかも、リーグ戦で淳吾が離脱し、チーム状況は決して良い方ではなかっただけにこの勝利は価値あるのではないだろうか?
得点シーンを中心にハイライトで試合の映像は見たが、まず1点目はアウレリオのCKから和道が逸らし(あれが計算だったら神)、詰めていた岩下が押し込み先制!!岩下はセットプレーに強いし、第3のCBじゃ勿体ないから左SBのレギュラーにしちゃっていいのではないかと思うのは俺だけでしょうか?新潟戦でもそつなくこなしていたし、使い続ければ更に良くなるはず。和製セルヒオ・ラモスも夢じゃない!!←前も言ってたwww
そして後半に追加点。アウエーゴールの関係上、このゴールは非常に大きかったと言えるだろう。エダがボールを受け、左サイドにぽっかりスペースができたところに兵働が走り込み、エダがラストパス。それをダイレクトで合わせ、GKの取れない右隅に決めて2点目!!相手の穴を突いた良いゴールだったと思う。
その後、マルキに1点を返され、もう1点取られると万事休すの状態だったが、西部の神セーブもあり同点ゴールを許さず。一方、エスパルスも途中出場の一樹が天才的なドリブル突破を見せ(フィニッシュはアレだったがww)、攻撃の手は緩めなかった。
新潟戦と同様、リードした時戦い方が良かったと思う。言っちゃ悪いが、リーグ戦よりもカップ戦の方が可能性はあるし、次のガンバ戦に勝ち、是非ともタイトルを!!

そうそう、今日は北京オリンピックの男子サッカー、アメリカ戦。開会式前に競技が始まる事に多方面からツッコミがあるが、かく言う俺も「何で?」と思う一人。オリンピックとなると、ニュース番組とかでしきりにメダルメダルとうるさいけど、オリンピック(スポーツ)の本質はそこじゃないだろと言いたい。確かに前回大会のアテネでは様々な競技で日本人選手が活躍して盛り上がったけど、そこだけでしか評価しない人が居る事が悲しい。メダルが獲れなくても、その活躍する姿に感動できるという事を、一昨年のトリノ冬季オリンピック(上村愛子)で知りましたから!!
ちなみに、今大会で個人的に期待しているのはオグシオですwww

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »