« ありのまま、今起こったことを話すぜ | トップページ | 面白くなってきたんだじぇい »

2008年9月23日 (火)

2週間前(3週間前?)に戻ったつもりで読んでください。CDHK

どうも、CDHKことカウントダウン箱根の時間がやってまいりました。司会のクロです。9月の3日4日と箱根に行って参りまして。すぐにその時の事を書きたかったんだけど、色々とゴタゴタしていて更新できず終いでした…順番に書いていくと長くなっちゃうし、途中で飽きられそう(書いてて飽きそうww)なので、簡潔に、且つ面白さが伝わるようにカウントダウン形式で書きます。本家はベスト50だけど、50もネタが無いのでそれの10分の1でやらせていただきます。という訳で早速第5位!!

 

5位:まさかの箱根駅伝コース疾走

箱根と言えば箱根駅伝。箱根駅伝と言えば箱根。というのは誰もが周知の事実(ん、おかしい!?)。まあいいや。この地に来たからには箱根駅伝のコースを是が非でもこの眼で見てみたい!!という訳で、見てきた。

Dscn1478  

この道。往路のゴールに差し掛かる前の道ですね。色ですぐに分かった。これはあの道だ!!と。

Dscn1480  

そしてココが往路ゴール地点&復路スタート地点。とりあえず幅の狭さに驚いた。テレビでは広く見えていたのだが…これから見る目が変わりますねww

ここを見てから旅館へ向かう。ちなみに俺が運転。旅館は大平台のため、途中まではあの5区6区のコースを走ることに。ちなみに下りだったから6区ですね。本来ならヘアピンカーブの手前で温泉街の中へ入る予定だったのだが、俺が曲がるポイントを間違え、あのヘアピンカーブを運転することに!!あと、なかなかUターンする場所が無く、唯一右に入れるトコもスルーしてしまったため、トンネルまで下ってしまいましたwwwあの時は、正直申し訳ない気持ちで一杯だったけど、今となっては良い体験ができたかなと(爆)

 

第4位:芦ノ湖到着!!

朝7時に浜松を出て、昼には到着した、芦ノ湖に。今までテレビとかでしか見たことのない芦ノ湖を間近で見られて感動!!天気も良く、最初に目に入った道の駅からの芦ノ湖はかなりのモンだった。

Dscn1434  

関所に行き、湖畔を歩き、そばを食い、そして遊覧船へ。この遊覧船、かなり快適だった!!そりゃあタイタニックごっこだってしたくなるってwww船内の座席に居るのは勿体ないと思い、大半の時間デッキで過ごしてた。風を浴び、すれ違う船に乗ってた人達に手を振ったり、鳥居のトコに居たカップルに手を振ったり。この後、もっと凄い景色を見る事に…

 

第3位:想像以上に充実してたガラス館

2日目は9時半に旅館を出て、一路ガラス館へ。箱根は想像以上に観光スポットが多く、伊豆方面を取り止めて箱根観光に。入館料1000円に、最初はギョッとしたが、入ってみるとそれだけの価値はありそうな感じだった。最初に目に入った橋はインパクトあったね。

Dscn1488  

展示物に関しては…色々あって鮮明には覚えてないが、指輪だか何だったか、凄く細かいトコに絵が描かれてて、ルーペで見て初めて分かるってヤツが1番印象的だった。それ以上に、あの演奏だね。本場イタリアからバイオリンとアコーディオンの奏者が来て、20分弱ぐらいの時間、有名なクラシックの曲を演奏していた。これまでああゆう演奏を生でしっかりと聴いたことなかったから、タイミング的にちょうど演奏聞くことができて幸運だった!!その後に寄った敷地内のカフェでもイタリアン歌手のミニライブ?的なものがあり、値段は高いがかなり美味かったスイーツと共に楽しいひと時を過ごせた。イタリアン歌手は絵に描いたような伊達男って感じで、歌いながら客席を周って握手する感じがスター錦野のトークショー的な雰囲気だったwwwん、違う!?

ここで十分に満喫できたため、この後は初日にも訪れた関所付近のお土産屋でお土産買って帰路に着きました。

 

第2位:大富豪インパクト、勃発

1日目の夜。温泉に入り(ちょっと狭かったかな…)、ご飯を食べ(非常に満足!!)、俺は正直かなり眠くなっていた午後8時過ぎ。何かやろう!!って事になり、皆でやるゲームと言えば大富豪。革命あり、8切りあり、縛りあり、階段あり(途中から)、都落ちあり、まあメジャーなルールはある程度盛り込んでやりました。9時前から始まり、3時間弱はやったのではないだろうか?俺は1、2回しか大富豪にはなれなかったが、ずっと下を彷徨っていたワケでもなくwwwこれも鮮明には覚えてないが、結構富豪の位置に居たような、居なかったような…
ほどよくして終了し、あらびき団見て、何人かが脱落していく中、俺は友人Yと語り合い、2時過ぎに寝ましたとさ。
翌朝、温泉入ったが、やっぱりお湯が熱かった…温泉はちょっと惜しい部分多かったけど、食事は良かったし、部屋も広かったし、結構満足でした!!

 

第1位:ネルフ、侵入

違います。ロープウェイで箱根駒ケ岳登りました。それにしてもこの写真、一見何かの組織の基地に見えませんか?

Dscn1451  

ここは箱根。そう、2014年には第3新東京市になる予定の地!!道の駅から見た時に一発でNERVだと悟りましたよwwwエヴァ好きをこの地に連れてくるとネタに走りやすいので、その点は注意ですね(爆)この旅行行ってからというものの、エヴァ熱が再燃しまして。この次の旅行でエヴァドリンクなんて物を見つけてしまった日にはもう…またアニメを見直してるところです、ハイ。

遊覧船で箱根園まで行き、そこにある水族館とかフジテレビのショップに目もくれず、ロープウェイで山頂まで。そこから見える景色は絶景中の絶景だった!!!

Dscn1455  

Dscn1456  

Dscn1464  

天気も良かったし、程よい涼しさだったし、点数を付けるなら100点満点!!残念ながら富士山は雲が掛かって完璧には見られなかったけど、富士山もキレイに見れてたら150点だったな。

Dscn1463  

景色も最高だったが、山頂のこうゆうアニメの世界でよくありそうな風景にも心が動かされた。新世界的なねww他にもお賽銭箱の無い神社を見たり、こっちが本当のNERV本部じゃないか?と思うような廃墟となった施設が。1時間ぐらいは山頂に居たけど、かなり堪能できた。あんなキレイな景色はここ数年ではベスト、大学入ってからは1番だな、間違いなく。という事で、今回の箱根ランキングでも文句なしの1位!!

 

という訳でお届けして参りましたCDHK。別にね、書きたくないわけじゃなかったんだよ…良い思い出だっただけに、じっくり時間を掛けて書かないとね、やっぱ。元々、ブログとかを書くのに時間が掛かるタイプだから尚更。何か、言い訳ばっかしてて見苦しくなってきたなwww

次はサイコロの旅だな。目標は9月中に更新で一つよろしくです!!!!

P.S 番外編1位:初っ端から、友人Iによる信号無視&バイパス下車

個人的にこれはかなりツボでしたwww

|

« ありのまま、今起こったことを話すぜ | トップページ | 面白くなってきたんだじぇい »

コメント

どうも友人Yです。

景色は最高だったし、大富豪やりまくってたし、語り合ったり全ていい思い出だよ。道間違えたのも、結果的に箱根駅伝のコース走れて代興奮だったから問題なし!むしろGJ!!

また卒業までに旅行いこうぜい!!

投稿: YUTA | 2008年9月23日 (火) 23時12分

>YUTAくん
mixiには写真上げたりしたけど、非常に遅い報告になってしまい、申し訳なかったですm(_ _)m
箱根はどれも良い思い出ばかりだったね!!卒業旅行は海外に行ってみたい!!皆の都合が合えば。
あと、飲み会もしたいね、10月辺りで。

投稿: クロ | 2008年9月24日 (水) 14時04分

クロ様
バイトで買った車で初めて行ったのは箱根、行く所決まらずに取り敢えず行くのは箱根、漸く出来た彼女と初めてのデートも箱根。
駅伝の往路ゴールに見える鈴廣かまぼこは最後まで就職の誘いが来ました。
私の出身大学は箱根駅伝に出てます。勉強が出来る訳でなく、スポーツも大したことないけど、とりあえず予選だけはクリアする、まるで私の生き様のような大学・・・

私のことばかりですみません。多分、一緒に旅行に行ったご友人は、クロさんが私の歳になっても仲良しですよ。

わずかの間ですが、楽しかった青春時代を思い出せました!ありがとう!

投稿: ユーイチ | 2008年9月24日 (水) 22時03分

>ユーイチさん
箱根ってちょうど良いトコにありますからね。おまけに観光スポットも多い。少なくとも、もう1回は行こうと思いました。
自分の出身大学は箱根駅伝と全くの無縁ですが、毎年楽しませてもらってます。ただ、出身大学が出ると、より一層熱が入るでしょうね!!
大学で知り合った友人とは、今後も永く付き合っていきたいですね。こちらこそ、俺のブログでそんな風に思ってくださり、むしろありがとうと言いたいです!!!

投稿: クロ | 2008年9月25日 (木) 10時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/46431/23959819

この記事へのトラックバック一覧です: 2週間前(3週間前?)に戻ったつもりで読んでください。CDHK:

« ありのまま、今起こったことを話すぜ | トップページ | 面白くなってきたんだじぇい »