« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月28日 (火)

エスパルス観戦レポート24.0(VS川崎フロンターレ)

9月が3回、10月がこれ入れて2回の更新…来月は1回…?それは無いようにしたい、マジで。という事で、今になっての川崎戦レポートですが何か!?(酷い開き直りですね、分かります)

 

結局、9月は観戦行けなかったので、2ヶ月弱ぶりの観戦だった。こんだけ空くと前日からテンションも多少は上がるもんですwwそして、かなり久々のデーゲーム、朝も早起きだったが、問題なく起きられた。

11時過ぎに清水駅に到着したのだが、既にシャトルバスらしきものが…何だろうと思ってスタッフの方に聞いてみたところ、後援会員優先のバスで、通常の開門30分前に出るバスよりも早く、且つ無料でスタジアム(坂の上だったが、問題ナシ!!)まで行けるとの事。勿論カード持っていたため乗れました。いつからやってたのか分からないけど、早めに着けるし、300円浮くし、これはかなりありがたい!!

到着時もそこそこ人が居て、12時過ぎぐらいには坂の上まで列が並んできたので、10分早い開場に。この時、パルちゃんが出迎えてくれる際にチケット差し出したらどんなリアクションを取ってくれるのかと思ってやってみたのだが、あんまり長く止まっていられないのもあって不発に終わったwww次はもうちょっとやりやすいボケを考えておく。

昼食買いに行ったのだが、それまでにお菓子食ってたのと、スタジアム入りする時にポッキーもらったので、そこまで量のあるものじゃなくていいかなと思い、前に一度食った七穀ステーキサンドを購入。前食った時は肉が冷めている感じでそこまで美味しさを感じなかったが、今回は比較的出来立てだったのか非常に美味しかった。この時に児だ豆(枝豆)キャンペーン<10月18日(土)川崎フロンターレ戦 児玉新選手 エスパルス公式ブログ『Ara-talk』発 『児だ豆(枝豆)プレゼント企画』実施のお知らせ>で児玉にメッセージを書いて投稿する紙をもらったので、実際に書いて投函してきた。メッセージ、読んでもらえるといいなぁ。しょーもない事書いたけどwww

その後、スタンドへ戻った時に更なるイベントが待ち構えていた!!この日はケータイサイトの企画で選手への質問をスタジアムで行うっつー事で(詳しくはココ)少し気になっていたのだが、そのスタッフが近くにやってきた!!近くにいたカップルに依頼していたのだが、断られてその右側にいた俺らが目を付けられた!!

スタッフ「どうも、エスパルスのケータイサイトのスタッフなんですが、ケータイサイトご利用になられていますか?」
「ハイ、使ってます。」
スタッフ「ありがとうございます!!それでですね今回、(中略)…なんですけど、ご出演していただけますか?」
「(二つ返事で)ハイ、喜んで!!」

てか、待ち構えていましたよ。近くにいる間にタオマフを巻いて準備は万端でしたwww

何人か選手が挙げられていて、その中で俺が選んだのは…そう岡崎慎司!!今が旬の彼にする質問と言えば…そう、産まれてくる子供に関してww代表じゃないんかい!!と言われるかもしれないが、そうゆうのは他の人がするだろうと思うので、俺はプライベートの方へ。ただ、この質問もありそうな気もするけどね。ちなみに俺がした質問は「お子さんの名前はもう決めましたか?」。もし採用されれば、11月中旬にケータイサイトのしつもん茶屋で俺の顔が映った動画が流されます。しかも、承諾書(署名)のところにあえて本名書いたから、名前が出る場合はニックネームとかではなく、フルネームで出るようですwww自分が考えていた上手い言い回しとかできなかったし、カットされるんじゃないかとは思ってるんだけどさ。

続いてパルちゃんショー。最初は何度か見覚えのあるペッパー警部。上の写真を見ても分かるようにパルちゃんがいません。このままじゃ終わるわけ無いのは里田まいだって木下優樹菜だってスザンヌだって分かります。

Dscn1708  

Dscn1709  

Dscn1710  

Dscn1712  

キターッ!!だったり、実に面白いだったり、旬のネタを盛り込んで楽しませてくれました。ただ、このショーのMVPは間違いなくヨネさんだと思うwww

その後のウォーミングアップ~選手入場まではサクっとカットで(爆)そうそう、スタンドで座ってた時に、どっかのサポータークラブの人に話しかけられて、ゲーフラ揚げてくれませんか?と頼まれたため、選手入場の際にはいつものタオマフではなく、このゲーフラを揚げました。日本平によく来てる人なら一度は目にした事がある…はず?

Dscn1707  

ちょwwさすが清水www

ようやく試合へ。
初っ端にジュニーニョ辺りにシュートを撃たれて少しヒヤっとした。エスパルスも児玉の積極的なシュートや、岡崎の惜しいシュートでチャンスを作る。先制点が決まるまでは護五分五分の展開だったと思う。そのような展開の中で生まれた先制点は非常に大きかった!!左サイドを一樹が素晴らしい突破をし、センタリング。ファーに流れたボールを岡崎が折り返し、DFのマークを外したところに居たエダがフリーでダイレクトボレー。GKも止められず、エスパルスが先制!!前線の3人が連動して相手DFを崩したってのが大きい。ただ、川崎のCB(というよりは井川)はちょっと中央を空けすぎてたなww
その後、レナチーニョにあわや同点ゴールとなるようなビッグチャンスを作られたが、運も味方し、前半は点取った後はエスパルスが優勢に試合を進めた。

そして後半へ。後半が俄然エスパルスがらしさ発揮、てか川崎の良さを封じ込めていた気もする。こうなれば追加点が欲しい!!ってところだが、今のエスパルスはそれも簡単にやってのけるのであった。兵働のCKから、誰かが競って、こぼれたところにいた岡崎がシュート!!が、一樹に当たりゴール。95%岡崎のゴールだったが、一樹が思いっきり触っていたので一樹のゴールww俺はすぐに気付いたよ。あ、岡ドンマイと(爆)
2点のリードを奪い、その後は試合が膠着したが、対する川崎には仕事をさせず、エスパルスも落ち着いた試合運びで乗り切り、2-0のまま試合終了。約2ヶ月ぶりの観戦も勝利を見届けることができました!!てか、その柏戦から日本平では連勝が続いてるんだよな。いやー、強いww

勝利した試合ってのは往々にして内容には満足なのだが、その中でもこの試合は1番の満足感を得られたと思う。それぐらい見ていて完璧な試合だったと思うし、変なストレスも溜まらなかった。何と言ってもリーグ1の攻撃力を持つ川崎攻撃陣にゴールを決められなかった、思うような仕事をさせなかったのが素晴らしかった!!最終ラインだけでなく、中盤からも良い守備ができてたと思うし、前線の2人も積極的にプレッシャーを掛けていたのがこのような試合展開に繋がったんだと思う。どの選手も自信を持ってやれていると思う。

ここからは各選手の個人的な評価。

海人:非の打ち所がないぐらい、安定したプレー、セービングを見せてくれた!!わざわざ変える要素、隙を見せてないからレギュラーを確保しているんだよな。
岩下:相変わらず守備は良い。それに加えてビルドアップも徐々に増えてきたように思う。SBが板についてきたから、あとはキックをもうちょっと頑張ってくれwww
アオ:以前に比べると安定感が増したかなと思うよ。強力FWをよく抑えていた。こうゆうプレーを続けることで、その上のステップへと進めるだろう。
和道:後半にあった、テセのシュートをスライディングで防いだシーンは、DFとしてのセンスの高さを感じた。終始安定したプレーで無失点。
児玉:前半最初のシュートは凄く良かった。守備能力が高いのは十分分かっているし、それに加えて攻撃にも絡めるようになれば最強のSBですよ!!
テル:素晴らし過ぎるディフェンスだった!!前半にあったカウンターもしっかり戻ってシュートを防いだシーンは圧巻だった。
真希:彼がスタメン定着してからは初めて見たのだが、パスセンスが良い。ただ、後半のフリーになった場面ですぐシュート撃てなかったせいでレナチーニョに防がれたのは少し残念。
兵働:キックの精度の良さは相変わらず。途中はFKを直接狙ってみたり、積極性も凄く良かった!!
エダ:先制点も、そこにしっかりと詰めていたから生まれたゴール。彼がノってくるとチームもノるんですよね。正に今がそう。
一樹:先制点を呼び込んだドリブル突破、95%ぐらいの確率だった2点目を100%にしたあのタッチ、どれを取っても素晴らしい働きだったと思う。岡崎のコンビは180以上の法則を見事に打ち破りました!!
岡崎:この試合ではゴールこそ付かなかったものの、2アシストというその働きっぷりは異常ww最高のプレーを見せてくれたと思う。

パウロ:とりあえず、呼ばれた時にダッシュでベンチに向かい、10秒も経たないうちにユニフォーム姿になってるあなたに萌えですよwwwそして終盤のパウロ劇場。プレ云々よりもそっちへ目が行ってしまうのは果たして良いのか悪いのか(爆)
戸田・イチ:あまりに出場時間が短かったので…

監督:パウロ投入は丁度良かったと思う。パウロ投入で試合が落ち着いたから、そのお陰で交代も下手に使う必要なくなったし、万が一にも対応できてたと思う。

審判:あの「して」西村だったが、そこまで酷いジャッジは見受けられなかった…と言いたいところだが、井川へのファウルジャッジの少なさはどうかと。それ以外はまあまあ。カードも出さなかったし。

川崎:どうやら日本平とは本当に相性が悪いようでww実際、前線の選手達は恐かったし。特にレナチーニョ。ヤツは凄い!!あれで俺よりも年下なわけだから、数年後はもっと恐ろしい選手になっているだろう。あとは憲剛に仕事をさせなかったのが大きい。テルが効いてたな。DFは井川がちょっと…エスパサポからもかなり野次られてたなwww山岸に対しては申し訳なかったと言うしかないですm(_ _)m
あと、川崎サポの多さに感激!!スタジアム着く前から結構グレミオカラーのユニを見て、沢山入りそうな予感はしてたけど。試合中も変なブーイングとか無かったし、非常に好感持てるチームだと思った。個人的には優勝期待してるんで、あと全部勝っちゃって鹿島を追い抜いてください!!

Dscn1715  

この勝利で更に上位に近づき、この前のガンバ戦にも勝利したことで、残留争いから上位争いへと完全にシフトしました。F東京が鹿島に勝ってしまったため(Jリーグ的には空気を読んだ展開ww)、今節もまた8位だが、確実に差は縮まっている。エスパルスはひたすら勝ちを続けるだけ。例え次戦う相手が崖っぷちだとしても、そんなのお構いなし。そんなKYな感じで今後のJも勝利を続けていくのみ!!!

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年10月 9日 (木)

面白くなってきたんだじぇい

さて、俺が暫く更新をしていないうちにJリーグも終盤へと差し掛かりましたwww我らがエスパルスはいつの間にやら残留争いからもちょっと抜け出し(全然安心はできないが)、この前の勝利であわよくばFC東京辺り追い越せるんじゃね?ぐらいのところまで行けてるような行けてないような、そんな中途半端な位置に。まあ、一時期の沈み具合から考えると、今の状況はかなり良いかなと。それに今日は我らが岡崎の代表デビューもあるかもしれない(あったね!!)、和道も出れば、エスパルス戦士が2人も代表のピッチに立つという、ここ数年見られなかった光景が見られるかもしれないし、ナビスコの決勝も控えてるしという楽しみもあるからね!!

と、話はJリーグへ戻って。エスパルスとは比較的離れたところで、上位と下位(1チーム除くww)でかなり熾烈な戦いが繰り広げられ、残り6試合にも関わらずその予想も困難を極める状況に…今週号のサカマガだったかサカダイだったかでも、各記者による優勝争い、残留争いの予想がされていましたね。これに乗っかって、俺も軽く予想してみようかなと。

その前に。俺が今シーズン前に順位予想をしたワケですが、まずはそれを振り返ってみよう。この記事ですね。最後の方に順位予想が。

http://kuro-power-up.cocolog-nifty.com/blog/2008/03/post_9049.html

うん…酷いですね(爆)

とはいえ、多少は当たってるでしょ!?川崎や浦和はきっちり上位だし、大宮やヴェルディもここ最近で怪しくなってきたし。ただ、名古屋と大分をこんな下に評価していたとは…とりあえず両チームのサポに謝りますm(_ _)mエスパルスとマリノスは完全に買い被ってたwww如何に上っ面の戦力だけを見ていたかが分かりますね。

では、まず優勝争いから。現在の順位はコチラ。

http://www.jsgoal.jp/ranking/j1.html

勝ち点的には7位のガンバまで可能性があるのだが(あれ、エスパルスは!?)、個人的見解として、5位の浦和までが優勝争い圏内と考える。浦和もACLがあって、正直ボーダーラインだが、勝ち点差3だからね。
今後の日程を見たところ、この5チームで1番恵まれてるのは鹿島かな。上位との直接対決が少ないし、ACLも終わったし、全力でリーグ戦に挑める。チームの核である小笠原を失ったけど、彼が出なくても結果を出せているのは大きい。まあ、これもマルキ神のおかげではあるがwww彼が負傷という悲劇が無ければ、このまま順調に勝ち点を積み上げ、優勝するのではないだろうか?
と、言いたいところだが、本命鹿島の対抗馬を見つけてしまった。それが川崎フロンターレ!!最近になって自慢の攻撃力が爆発。前節は堅守が自慢の大分相手に3点を奪っての快勝。テセがヤバイです、ジュニーニョが復活しました、レナチーニョがノってますww次節はエスパルスとの対戦だが、ココを落としても下位との対戦が多く、その攻撃力が如何なく発揮させるであろう。鹿島と同等に日程的に有利。去年もそうだったが、一筋縄では行かないのがJリーグ。最終節でドラマが起こるとしたら、その主役はフロンターレ、かもしれない。
この2チームに対抗するのが名古屋。勝ち点では鹿島と同じだから、実質2番目に優勝の可能性が高いチーム。しかし、マギヌンの怪我、下位チームへの取りこぼしと、ここ最近に来て足踏みしている感が否めない。だが、そこはピクシーグランパス。ピクシーマジックが炸裂し、終盤に来て勝負強さを見せそうな気も…最終節の大分戦が優勝決定戦になるかも?
大分は…ちょっと厳しいかも。西川の怪我や、主力メンバーにカードが溜まってるのもネック。それよりも、エスパルス的にはナビスコですねww
浦和もリーグ戦だけに集中できない点、点取り屋トゥーリオが怪我持ちなど、不安要素が多いのが難点。

という訳で、俺の予想としては、

◎:鹿島
○:川崎
▲:名古屋
△:浦和

こんな感じで。シーズン前に川崎と予想したので、川崎の優勝を期待してるんだけどww

では、次に残留争いについて。1チームは、次節にも決まりそうって事で、今回は17位・16位がどうなるかを予想してみる。
さっきの順位表を基にして考えると、9位の神戸(またエスパルス…)までが可能性としてあるのではないか?というところだが、これじゃあ広すぎるので、12位の新潟までが残留争い圏内とする。同じ勝ち点なのに新潟だけ入れた理由は得失点差。-13が意外と影響するかもしれない。
こっちの予想は優勝争いよりも難しい。なので、今後の下位同士の直接対決を中心に予想してみようと思う。

残り6節で下位チーム同士の直接対決は以下の通り。

東京V×大宮(29節)
千葉×新潟(29節)
大宮×千葉(30節)
千葉×横浜FM(32節)
新潟×大宮(32節)
横浜FM×東京V(33節)
磐田×大宮(34節)

このようにして見ると、大宮が4試合と1番多く、磐田が1試合と1番少ない。残り6節で1番鍵を握るのは大宮と言えるだろう。
大宮は、序盤は上に居たのだが、その後ズルズルと順位を下げ、今の位置に。今シーズンのダンゴ状態も相まって、気がついたらこんな順位に…って感じなんだろうな。外国人FWは2人とも優秀なのだが、彼らに依存してしまったのが良くなかったのかなと。最近は守備も破綻気味だから、ますます攻撃に掛かるプレッシャーは大きい。下位同士の対戦は何が起こるか分からないし予想も難しい。ただ、大宮にとって有利なデータとしては、磐田以外の3チームには前半戦に勝っているという点。通算の対戦成績までは把握してないが、相性が良ければ勝ち点を重ねて抜け出す可能性もあるが、返り討ちに遭って負けが重なってしまうと自動降格も…
同じく直接対決が3試合と多い千葉だが、ここは大丈夫じゃないかと早くも予想。シーズン途中の補強は的確だったし、ミラーマジックもさすが。あとは、この勢いが途端に切れなければ…
逆に直接対決が少ない磐田は上位陣との対戦が多く、これはこれで苦しそう…オフト体制になって、ようやく内容も結果も上向きになったが、この2試合で勝ったのが下位チームである事を忘れてはならない。上位に通じる保障はどこにも無いので、あとは選手の頑張り次第だと思う。ダービーは勝たせてもらうので、それ以外の試合で頑張れwww
横浜は山瀬抜きでの結果出せてるし、ココも千葉同様に、よほどの事が無い限り抜け出せそう。直接対決でコケなければ。新潟も同様。この辺は不足の事態が起こらない限り降格は無いと思う。
残った東京Vだが、終盤に来てより一層危険な香りが…フッキ退団後は、日本人選手が頑張り、その穴を感じさせなかったけど、今は全体的な層の薄さが浮き彫りになってる気が。比較的ベテランの多いチームだし、残り試合を乗り切れるだけのパワーがあるのかも微妙…幸いにも上位との対戦が少ないのと、札幌との対戦が残ってるのがどう影響するか。

この見解から判断すると、最終的に残留を争うことになりそうなのは大宮、磐田、東京Vの3チーム。ここから順位を付けるとすると、

15位:磐田or大宮
16位:東京V
17位:大宮or磐田

確実な判断はできませんwww最初は大宮が16位かなと思ったけど、今後の対戦を見て、このチームは落ちるか残る(入れ替え戦無しで)と思ったから、こうゆう予想に。磐田も同様。正直、このチームが落ちるってのは何となく想像つかない。ただ、かつての浦和や柏と同様に、1度落ちてチームを再建するのも1つの手じゃないか?とも思う。まあ、サポじゃないから言えるんだけどww
ただ、この予想だと、現時点での15位~17位だから、あんま面白くないんだよな。という訳で、17位の大穴予想として千葉!!前半戦を最下位で終えたチームは降格するってゆうジンクスがあるみたいだし、これだけ良すぎると最後に何かあるんじゃないか、という不安もね…

エスパルスはどちらにも絡んではないけど(数字上は両方とも可能性あるんだけどねww)、やっぱJリーグは最後までどうなるか分からないから面白い。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »