« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月 9日 (日)

11・8

11月8日は非常に濃い1日だったと思う。

朝、7時半過ぎに起床。大祭の模擬店の準備で8時半には学校へ行かなければならなかったが、準備で家を出るまで30分ぐらい掛かるため、8時過ぎに家を出る。大学まで40分近くは掛かるため、遅刻しましたwww
準備は準備で色々と不手際があり(前日は早くに看板や食材の準備も終わり、麻雀していたワケだがww)、これはかなり先行き不安だったが…運営は後輩に任せっきりだったので(あんまり介入しない方がいいという思いもあってね)。
小雨が降り続ける中、10時半前にようやく開店。俺は店頭で営業してました。ここぞとばかりにメニューの看板持って女の子に話しかけましたwww途中に友達の研究室の展示へ行って訪問販売したりで、12時前まで頑張って売ってました。

12時半の電車でエコパへ。今回の調査はエコパでのイベント時の現地調査ってことで、現地の様子を写真で撮ったり、歩行者の量・交通量をカウントしたり、地元の人に話を聞いたり。最初は歩行者の量や写真の撮影がメインだったのだが、歩き回っていると地元の人達が外にも出ていたので、突撃して話を聞けたのは良かった。中でも、個人の土地で臨時駐車場をやってた人がいたのだが、その人がウチの大学の元名誉教授だったのがビックリだった。まあ、工学部の先生なので、直接は関係なかったのだが。元教授なだけに、しっかりとした知識をお持ちで、自分の研究のことも話したらアドバイスというか、説教というかwwとはいえ、貴重な経験ができたのは良かった。その後に話したおばさんは非常に好意的に話してくれたwww他にもエコパの会場付近まで行って外の出店で串カツや唐揚げ食ったり、愛野駅からエコパの道路で海外チームのユニフォーム売ってる外国人に話し掛けたり、かなり楽しく調査できた。他の研究室メンバーにも協力してもらったし、皆が集めてくれた情報を活かすも殺すも自分次第。明日、大学行ってちゃんとまとめよう!!

13時から調査をしたが、試合開始30分前の15時半には一通り調査も済んでしまった感じなので、試合開始を待たずして引き上げることに。正直、自分だけ残ってもう少し調査しても良かったのだが、まあ…ねww試合も見たかったのだが、模擬店の方もやっぱ気になったし。
今回のダービーはまだ試合の映像見てないが、青山がやらかしたようで…試合も見ていない人間が偉そうに言うのはおかしいので、特には言及しないが。にしても、勢いのあるチームが相手に合わせてフォーメーションを変えるもんかねぇ?戦術の意図がよく分からん。

16時半には大学へ戻り、模擬店へ。どうやらかなり売れたようで、俺が行ったときには半額にしていてラストスパートって感じだった。そしてめでたく完売!!恐らく、今までで1番上手くいったと思う。やはり、それだけ3年生の2人が運営をしっかりやってくれたし、他のメンバーも頑張ってくれたからだと思う。本当に感謝したい。レンタル品や材料費の関係で純利益はそこまで多くはならなかったけど、一人1000円分以上の飲み代を確保できたのは良かった!!この利益も今までで1番じゃないかな?

夜は打ち上げ。ウチのサークルは2日間やらず、土曜日全力で頑張って、打ち上げで騒ぎ、日曜は休むというスタイルでやってきたので、打ち上げは酷いことにwww俺自身も久々に飲み放題の酒だったので、際限なく飲み、そして騒ぎ(爆)一応上級生なので、潰れないように限界を超えない程度で飲みましたが。
その後、二次会でカラオケ。11時からフリータイムで入ったが、ずっとテンションを保っていられるわけも無くww30分か1時間か分からないけど、さすがに俺も途中寝て、体力が戻ってからは歌ってた。潰れてるヤツが結構いたため、早い周期で俺に回ってきたが、大抵歌いたい曲を歌えたのは良かった。

そんなこんなでオールし、朝5時近くに帰宅して就寝。今日起きたのは3時近くだったな(爆)時間も時間だし、外は雨降ってたしで、日曜の大祭へは行かず。芸能人も来ないって事だったから、行く価値もそんなには無いかなと。

とにかく、昨日は自分にとって色々と大切な1日だったと思う。明日から、また気持ちを入れ替えて卒研(現地調査のまとめ)とバイト頑張りますか。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年11月 4日 (火)

涙の数だけ強くなればいいんだよ

遅ればせながら、ナビスコ決勝を見ました。結果はリアルタイムで把握できたんだけど、とやかく言うのは試合をしっかり見てからにしようと…

まずスタメン。ガンバ戦の市川―パウロの右サイドコンビを、この試合は岩下―真希のコンビに。正直、俺も後者の方が良いんじゃないかと思っていたので、異論は全く無かった。
前半は決勝戦に合わせた戦いをしていた(セットプレーを中心に)。真希のミドルシュートは相変わらずキレが良い。一樹に当たってしまったのだって(コース変わったのは悪くなかったと思う。運悪く枠外だっただけ)完全に枠捕らえてたし。ただ、前線3人が思ったような動きができなかったのが…守備に関しては海人が身体を張って守ってくれた。彼だったから前半は0-0で済んだようなもん。
後半は最初の方で惜しいチャンスがあったが、それ以降が…1失点目の場面はエスパルス側の左サイドがぽっかり空いてしまったのが痛かった。後は高松の大舞台での強さにやられた。エスパルスもその後イチ・パウロ同時投入、矢島投入と動くも、同点ゴールは奪えず(矢島のシュートは非常に惜しかった!!)、ロスタイムに2失点目…和道が焦ってしまったな。

2-0で完全に試合は決まってしまった。12年ぶりの栄冠とはならず…

大分はやはり強かった。守備が完璧過ぎる。そして決めるべき選手、時間帯できっちり決めてくるあたりが流石。ただ、圧倒されていたかと言えばそうではなかったと思う。エスパルスもセットプレーからチャンスを作っていた。やはり、ここ最近爆発していた前線の3人が抑えられて…エスパルスが川崎やガンバといった力のあるチームにやっていたサッカー、つまり相手の持ち味を出させないサッカー(と、俺は勝手に解釈してるがww)を大分にしてやられた気がした。悔しいが大分の方が実力が上だったと言うしかない。しかし、敢えておめでとうとは言わない。やっぱ悔しいからwww

試合終了後、和道が涙を流しているところが映った。キツい言い方かもしれないが、2失点目は彼のミスからでもあったし、責任も強く感じていたのだろう。しかし、この日流した涙を無駄にしないためにも、残りのリーグ戦そして天皇杯でこれまでのリーグ戦のような戦いを見せることが重要。その流した涙の分だけ強くなればいいと思う、往年の名曲のように。

最後に、選手・監督にここまで連れてきてくれてありがとうと言いたい。長谷川政権になって、これまで二度優勝の瞬間を間近で見ている。二度あることは三度ある、ではない。三度目の正直で次はエスパルスが栄冠を手にする番ですよ!!!!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »