« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月31日 (水)

大晦日だよ!!ブログ更新スペシャル

今シーズンも年内で終了か…去年の記事見返したら、結果的に3年連続でのベスト8止まりなんだなwwwやっぱ反比例の法則なのか?
と、終わった事を気にしても仕方ない!!2008年シーズンを振り返ろうか。

 

今年のエスパルスの成績

リーグ戦:5位(16勝7分11敗 勝ち点55)
ナビスコ杯:準優勝
天皇杯:ベスト8

 

リーグ戦は昨シーズンから1つ下がって5位に。しかし、今年の5位はよくやったと言えてしまうぐらいシーズン前半が…毎年そうなのだが、今シーズンはより前半が酷かったな。全てが最悪だったと思う。FWは期待の外国人マルコス・アウレリオが全く機能せず、頼みの日本人ストライカー矢島もいま一つ…一樹が4月辺りから台頭してきたのと、西澤が昨シーズンよりは機能していたのがせめてもの救いだったかも。そういや岡崎は千葉県のチームにしか点取ってなかったような…MFでは、フェルナンジーニョの我がままプレイにある意味翻弄され(結果が出れば良かったんだけど…)、兵働の離脱、パウロがフィットしないがために、何を血迷ったのかテルを右SHに据え、中盤が崩壊。本田拓也が前半戦は気を吐いて頑張っていたが、チームの結果には反映されず…その後、ベンチ暮らしが続いてちょっと可哀相だったかな。DFはDFで、イチが開幕戦で怪我をして辻尾がまさかの開幕戦デビューや、児玉の怪我、アオの浮き足立ったプレーの連続と、何かと安定感を欠いた感が否めない。15位、16位辺りで折り返したときはさすがに覚悟したよ(何を?)。てか、今年は7月に入っても勝てない日が続いたので、かなり危機感を覚えた。後半戦最初をの3-0(新潟戦)を勝ったものの、その後3戦連続で引き分けだったので。特にアウェイ大分戦は、間違いなく勝ったと思ったのに、シャムスカマジックというか九石の見えざる力の前にやられたね。ただ、柏戦での勝利後、名古屋には負けはしたが(西部のポロリ、あれは今でもねぇわ)、ナビスコでの勝利で勢いに乗り、快進撃が始まった!!内容も素晴らしい試合はもちろんあったが、東京V戦や神戸戦はイマイチな内容にも関わらず、チャンスを逃さずゴールを決め、勝ち点3をゲットしていた。敵地鹿島での敗戦は痛かったが、その次のFC東京戦の5得点は凄かった。個人的には、一樹のルーレットからのゴールが、今シーズンのベストゴールです。試合後のインタビューも泣けた…その後も順調に勝利を重ね、徐々に順位を上げて、いつの間にか降格圏ともオサラバ。優勝争いには間に合わなかったが、最後は3連勝で締めくくり、最後に浦和とFC東京を抜いちゃって、5位でリーグ戦終了。さっき、オフィシャルサイトを見て気付いたが、名古屋戦以来、3連勝して1敗してまた3連勝というサイクルになってんのな。4試合あって勝ち点9取れりゃあ、そりゃ順位も上がるわwww
 

今シーズンを語る上で忘れてはいけないのがやっぱりナビスコ!!特に予選リーグは夢も希望も見出せなかったリーグ戦(言い過ぎwww)に反比例して快進撃だったからなぁ。あれで、一樹や岩下が着々と力を付けたからなぁ。まあ、観戦に行った第6戦のヤマハでのダービーは酷い試合だったが…
決勝トーナメントでは、両山本がチャンスを作り、決勝へと導いてくれた!!海人は安定感のあるセービングを見せ、真希はミドルシュートと天才的なパスセンスでゴールを演出。準決勝2戦目はテレビで見ていたが、良かったね、うん。決勝は、大分の守備陣に何もさせてもらえず、逆に向こうのチャンスで確実に決められて負け。その日、ゼミの関係で名古屋にいた俺と和道の流した涙は何だったのでしょうか(爆)おっと、後者はまだそう言うには早いですね。

そのリベンジとして臨んだ天皇杯は、呆気なく準々決勝で敗退…どうも、リーグ戦の成績が良い年は負けるねぇ。最後に関してはゴールシーンしか見てないし、いつの間にか今シーズンが終了していた感じだwww

去年も選んだが、今シーズンのエスパルスのMVP。大方の意見では岡崎慎司でしょうそうでしょう。北京で悔しい思いをして、その気持ちがリーグ戦に表れ、その結果がA代表。本人にとって大きく、そしてサポーターとしても予想外の成長を見せた1年だったでしょう。だがしかし!!俺は他の選手に個人的にMVPをあげたい。その選手とは、岡崎と同い年、つまり俺とも同い年の岩下敬輔選手が俺の中での2008シーズンMVPです!!前半戦はあまり出場機会も無かったが、常にベンチに居ることで、何かあった時の安心感はそこにあった。ナビスコでは、セットプレーの強さを武器にゴールも挙げる。特にエスパルスのレギュラーCB2人はデカい割にセットプレーで決められなかったからなぁwww(和道は頭以外で結構決めたが。アオも1点か)。夏場辺りは児玉の怪我もあって左SBでの起用も。右だけでなく両サイドをこなせる起用さ、CBとしても質の高いプレーを見せてくれたし、チームにとっては不可欠な存在となっただろう。今シーズンで、彼はベンチに置いておくには勿体ない選手にまで成長した。来シーズンに向けて、左SBに太田を補強したし、CBとしての出場時間が増えそう。てか、個人的にはレギュラーでいいと思う。あの人が移籍するしないに関わらず。強いて言うならば、もう少しカードが減れば…ねww出場停止1回あったし、できれば出場停止なしでシーズン終えるぐらいの気持ちで!!

こっからは個人的な振り返り。

今シーズンは開幕戦の大分戦に始まり、ホーム最終節の千葉戦まで、計11試合に参戦。去年の記録抜いて、今年も過去最高記録です。来年から静岡勤務になったら、もっとスタジアムに足を運びたいですね。アウェイにも参戦したいです、ハイ。ちなみに観戦成績は5勝3分3敗(恐らく)。勝率は去年が上かな…というのも、前半戦は鹿島戦まで勝ち試合が見れなかったから。最初の4つは、負け引き分け負け引き分けの流れで、このままだと俺観戦行くのやめた方がいいんじゃないか?とも思ったりwwwまあ、そんな法則も呆気なく破れ、最後の3試合は全部勝ちました。内容もどれも良かったと思う。相手に全く良さを出させなかった意味では、川崎戦がベストかな。

最後に。今年もこんな半化石化したブログを見て頂いてくれた方々に感謝申し上げます。ありがとうございましたm(_ _)mここ最近の更新頻度の低さは目に余るものがありますwwwいや、まあ色々とあるんですよ、こんな俺にも。
このブログを通じて知り合えた方もいますし、今後とも末永くブログは続けていきたいですが、卒研の呪縛から解放されても月1や月2の更新にとどまってしまったら、ちょっと方向性を考えるべきかもしれないですね。てか、俺がブログを書くとこんな感じでおのずと長い文章になってしまうのですが、もっと短く定期的に更新した方がいいのかな?その辺も含め、今後の身の振りを考えたいと思います(ブログ的な意味で)。

来年も引き続き、よろしくお願いしまうぃっしゅ!!(俺の中での流行語で締めちゃいましたwww)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年12月 9日 (火)

エスパルス観戦レポート25.0(VSジェフ千葉)

朝起きたら6時50分ぐらいだったので、15分で支度して家を出たんだぜ。まあ、間に合って良かった…

1時キックオフの10時開門っつーワケで、かなり早い時間の出発だったのだが、それでも清水に着いたのは9時半。シャトルバスは動き始めていた。それと清水駅着いた時に、この試合のメインスポンサーである会社の新卒者の観戦ツアーの場に出くわした。人事の人とか私服だったけど完全に見覚えあるし…べっ、別に悔しくなんかないんだからね!!サブプライムだし、金融はそんなに興味なかったからwww

スタジアム着いたのがちょうど開門と同時ぐらいだったかな。恐らく朝が早かったこともあり、満員だったにも関わらずそこまで遠くまで並ぶことにはならなかったと思う。

席を取ってからは即座にご飯を買いに。急いでたこともあり、ちゃんとご飯食べてなかったから腹が減って仕方なかったwww体調も優れてなかったこともあり、とにかく暖かいものを求めた結果が鶏飯(\600)だった。鶏そぼろご飯かな?に、暖かいスープが入っててかなり暖かかった。しかし、その時間帯はちょうど太陽も出ている時間帯だったので、そこまでありがたみは無かったかもww

ご飯買いに行ってるときにスカパーのブースで浦和戦やってたのでゴールが決まる時間を中心に立ち見していた。これはある意味当然かもしれないが、ゴールが決まった途端にテレビの周りにできていた人だかりが一気に消える光景が何とも面白かった。俺もその中の1人なんだけどwww何度かスタンドを離れたので、全ゴール見ることができた。スタジアムでテレビを見るのもなかなかいいね、パブリックビューイングの簡易版というか。

何か色々あった気がするけど、パルちゃんショーへ。今シーズン最後ってこともあり、今年不敗神話を築いた羞恥心のバーゲンセールだったww個人的には、あの有名なクリスマスソングの「We wish ~」のところを、うぃっしゅ!!とかけていたのが単純だったけど面白かったな。そういや、ヨネさんがいなかったな。

色々飛ばして試合開始へ。

序盤から試合はエスパルスが組み立ててた。しかし、なかなかフィニッシュまでは行けてなかったかな…そんな中で先制点を奪えたのは良かった。純平のクロスだかシュートだか分からんヤツがDFに当たった先に兵働が居て、よく見るとかなりスーパーなゴールだったと思う。落ちてくるボールにばっちりのタイミングで合わせたから、コースは素直でもGKが取れなかったでしょう。リーグ戦では初ゴールだが、カップ戦では貴重なゴール決めてるし、チームのアシスト王だから、にわかに信じ難いなww
リードしてからもペースはエスパルスに傾いていた気はしたけど、ワンチャンスから同点に…やはり巻だwwwただ、両CBの間に立たれてしまっただけに対処が遅れてしまったな。若干、アオの方が近かったが、彼だけの責任ではないし、レイナウドに簡単にクロスをあげさせた方が問題。あとは巻のヘディングの上手さにやられた。
こうゆう展開になると俄然千葉ペースになりがちだが、前半のうちに2点目が奪えたのは良かった。あの2点目は誰が何と言おうと児玉新のゴールですwwwてか、児玉ってCKの時は割と後ろに居ないか?そこにポジション張ってたことも高く評価したい。

前半をこのような理想的な形で終えることができたが、後半は少し停滞気味だったかも…リードしている状況だったので、下手に動くのも危ないけど、3点目が取れてなかったらどうすんのよと。にしても、3点目は兵働のセンスの高さと岡崎の成長が伺えたゴールだった。そして、このゴールで岡崎は今シーズン10点目!!待望の日本人エース誕生の瞬間を見ました。去年あたりはヘディングでのゴールが目立ったけど、今年は様々なパターンでゴールを挙げられてるところが成長を実感する。てか、最早A代表の常連だしなwwここまで成長すると予想したサポは一体どれだけいるのだろう?

後半はこれ以外では大きなチャンスは無かった。逆に千葉に決められ(またしても巻!!)、終盤はかなりのヒヤヒヤもんだったが、何とか耐え切って勝利。色々と難しい状況ではあったが、自分達の持ち味を出し切った勝利だったと思う。

全体的に見ると、2失点はやはり頂けないが(しかも同様のパターン)、それ以上に3ゴール挙げたことを称えるべき。1点目はこの試合何度も見られた右サイドの突破から生まれたゴール、2点目は児玉のゴールへ向かう気持ちの強さから誘発したオウンゴール、3点目は兵働の1本のパスから今季急成長の岡崎が持ち味を発揮したゴール。どのゴールも素晴らしいものだった!!それ以外のシーンでも、特に前半はボールを支配していたし、今のサッカーのレベルが高いことを示してくれたと思う。天皇杯もこの調子でやってくれれば期待も大きいよね。

続いて、各選手の個人的評価。

海人:2失点したものの、特に悪いって印象は無かった。西日にやられることも無かったしww
純平:あのオーバーラップは内田篤人クラスだと思う。先制点の起点にもなったし。想像以上に良かったです。だからクロスの精度を何とかしてくれ…
アオ:どちらかと言うと良い方のアオだったとは思う。強いて言うなら、1点目は巻にしっかりマークついていて欲しかった…
和道:ファーストシュート?にもなったヘディングを放つ以外でも、守備面でも持ち味を発揮。相変わらず彼がDFラインの生命線だよね。
児玉:個人的にはこの試合のMVPをあげてもいいぐらい。だって、2点目はあの位置で待ち構えてなかったら生まれなかったワケで。それ以外でもプレーの質は良くなってる。最後にもう一度。2点目は正真正銘児玉新のゴールですwww
テル:毎回同じこと書いてる気がするが、ディフェンスがハンパなく良い!!あと5年は見ていられますww
真希:何故か2失点目では巻と競ってたようだが…試合見て思ったが、真希は先発で使われるべき選手ですね。来季は淳吾、エダ、兵働とも対等に渡り合えるであろう。
兵働:全ゴールに絡んでいるし、リーグ戦では1点という結果以上にゴールには絡んでいるので、本当にエスパルスの攻撃の鍵を握っている選手だと思う。ここ最近は非常に動きが良い!!
エダ:ゴールには絡めなかったのと、少し存在感が薄かったかな…まあ、エダがトップ前線にいることで得点力は増したワケですから。
岡崎:待望の2桁得点で、本来児玉がもらうはずの10万円を持っていきましたwwwいやいや、ウソだって!!あんなドリブルから鋭くゴールを突き刺すストライカーまでに成長してくれて嬉しい限りです。
西澤:前々から噂はあったが、この試合が日本平でのラストマッチに…やっぱポストプレイは相変わらず上手いし、まだまだやれる選手だとは思うが、フル稼働できないってのが…しかし、夏場はかなり助けられた面はあるし、エスパルスでの仕事は十分にやってくれたと思う。来季もセレッソでサッカーを続けると信じてます。お疲れ様!!そして、ありがとう。

一樹:やっぱ、彼が入ると前線が活性化するね。FWとしては岡崎の次に点取ってるし、来シーズン以降も非常に楽しみな選手です!!
パウロ:相変わらず呼ばれてベンチへ向かうのが早いwwしかし、ちょっと危なっかしい場面が目立ったかな…
岩下:1点差になってから彼が投入されれば安心感が増すね。この試合は純平が頑張っていただけに交代のタイミングが遅くなったか。

監督:危なげない采配だったと思う。ペースが落ちてきた西澤に変えて一樹、存在感の薄かったエダに変えてパウロ、クローザーとして岩下と、どの交代も効果的だった。

審判:ボスナー退場は致し方ないよね。他にもちょいちょいラフプレーあったけど、その辺でちゃんとファウル取ってくれなかったのが目立った。まあ、変に荒立てるほどではないけどww

千葉:このホーム最終戦が満員になったのも、千葉サポのおかげ。アウェイ側の2階席が綺麗な黄色で染まっていた。あの「残留」ゲーフラも強く目に焼きついた(しかし、ああやって出すと後ろの広告が隠れるから実は…それもあって途中で引き上げたのか?)。内容としては、エスパルスが押していたし、勝ち点も簡単に献上するわけには行かないから、ああゆう結果になったが、負けても尚「WIN BY ALL!!」の大合唱、本当に最終節頑張れ!!と思いした。そして、その通りに残留!!来年も日本平でお待ちしております。
にしても、谷澤は本当に天才だww千葉の残留には彼の功績も大きいのでは?あと、昇平も今はレギュラーで頑張ってるし、巻には2年連続でやられるし(爆)

そんなこんなで千葉戦を振り返るのが最終節後になってしまいましたが…今シーズンの振り返りは天皇杯後にしたいと思う。そう、エスパルスにはまだ天皇杯が残っている!!試合後のセレモニーで監督も言っていたが、11月1日の忘れ物を1月1日に取り返さなければいけないからね!!来シーズンの補強の話なんかもそれ以降だよね。

 

お気づきの方も多いでしょうが、今回の観察記は写真ゼロです。忘れたわけではない。やんごとない事情で持って行けなかっただけなので、悪しからず。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »