« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月28日 (土)

始まるJ!!

昔のtotoのCMでこんなフレーズあったよね?なんと懐かしいwww

先週で卒論が終わり、今週初めに行ってきたスノボの疲れも取れ、ここ2日はボケーっと過ごしてるのでブログを更新する。今は少し脱力感があるかもwww

という訳で、何気に来週へ迫ったJリーグについて。各チームの戦力分析とか順位予想をしてみるかな。去年やってあれだけ外しておいて今年もやんの?ププッwwwと思ったそこのアナタ!!今なら許すので正直に手を挙げなさい。

とりあえず各チームについて、だ。

山形

各専門誌では可哀相なぐらい最下位予想されているが…俺は断トツ最下位はないかと。小林監督はJでの経験値はあるし、要所要所での補強はしている感はある。ただ、それらの戦力が活きなければ意味は無し。豊田が抜けた分、長谷川悠へ掛かるプレッシャーは大きいだろう。J2では守備は堅かったみたいだが、J1ではどうだろうか…石川竜也ぐらいしか知らないww札幌になるか、東京Vになるか。って、いずれにしても降格じゃん(爆)

鹿島

戦力維持が最大の補強と言わんばかりのチームですね、ココは。主力級では中後が抜けたけど、それほど大きなマイナスではないだろう。小笠原がいつ戻ってくるか分からんけど、全ての主力が揃った時には、まあ半端ねぇだろうww去年フルシーズンで頑張ったマルキ神に何かあったらその時はヤバイかもしれんが…あと、大迫ハンパねぇって!!がどれだけやってくれるか。田代…

大宮

小林大悟の移籍、デニスマルケスの離脱は大きいが、それ以外の戦力が結構充実している感はある。特にDF面では韓国代表のパク・ウォンジェ、マトといった辺りはJウイイレの韓国チームで見たことがある名前だし、能力も高かったかとwwwFWも藤田、石原となかなかの補強。中盤が少し弱いかな…今季は監督の手腕次第で上位にも食い込める力はあるように思います。まあ、開幕戦はエスパルスのものですけど!!

浦和

まず初めに。永井、ありがとうございました。早くピッチで見たいっす!!
今季はリーグ戦に集中できるってのが厄介。去年のように監督と選手がバラバラにならなければ強敵になるのかも?ところで原口って大迫ハンパねぇって!!よりも凄いんですかね?実物を一度も見たことないんで…

主力級ではアレックスが移籍したぐらいで、新戦力では新人以外ではアルセウ。しかし、そのアルセウが…ボランチには浩太を初めとした良い選手が揃っているが、少し厳しい気がする。大谷も暫くは復帰できないみたいだし、攻撃陣は去年とほぼ同じ。手の内を読まれてしまったら…と思ったが、監督変わってんだよね。おまけにGKコーチにはシジマールwwwゼッタイマケナーイ!!

千葉

例年のような流出が無く、補強もピンポイントで行っている。しかし、全体で23人とか途中で悲鳴上げるぜ!?まあ、リザーブチームから何人か上げるかもしれんけど、不安じゃないのかね?ただ、監督が監督なだけに、ミラーマジック効果はあるだろう。序盤で低迷しなきゃ恐らく大丈夫、だと思うけど…

F東京

去年をベースにして、必要なところを補強している感じかな。中村北斗をどう使うのかが楽しみ。どうやら主力の怪我が少し多いらしく、開幕は躓くかもしれん。ただ、底力のあるチームだから、下手に下位に沈むことはないだろう。ところで平山は元気か!?

川崎

ここも去年をベースに今年は矢島が加わったぐらい。まあ、彼はテセのバックアップ要員だし、テセも恐らくフルシーズン活躍するだろうから、残念なシーズンを過ごすであろう。ココはACLがどの程度影響するかだな。スタメンとベンチの差が大きい気がするんで、ACLで良いところまで行くと後半落ちるかもしれんね。序盤は首位に立つかもしれん。

横浜M

戦力的には大きなプラスが無い一方、主力が数人抜けているのが…FWの1トップをルーキーの渡邊に任せてしまうのはいかがなものかと。ただ、その後ろに控える兵藤や狩野は期待できるし、山瀬もいる。守備は堅いだろう。監督も良いし、大崩れする心配はないだろうけど、上位に食い込めるようには思えない。渡邊が大化けすれば分からんけどさ。

新潟

大島、ペドロ・ジュニオールの補強は良いと思うのだが、去年のアレッサンドロと比べるとプラマイ0じゃないだろうか?それに他のポジションは去年と変わらずか若干のマイナス?よく分からんけど。順位的にも下だったし、このオフで補強がイマイチだったら危ない気が…こんな事を去年大宮に対して言って降格候補にしていたが、見事に外したことは記憶に新しいwww

清水

エスパルスは別エントリーでじっくりやるかな。あの、決してここで書くのが面倒くさいとかそうゆうのじゃないんで、悪しからず。

磐田

ベストメンバーが揃えば面白いかもしれないけど、その日が来るのだろうか…今年も変わらず野戦病院状態らしいし。那須の補強は良いと思うけど、茶野とのCBってどうなのよ?SBや中盤はそれなりにいるけども。松浦が入れ替え戦だけの男になるか、磐田を引っ張っていく存在になるのかも注目かな。あ、川口って開幕間に合うの?

名古屋

初のACLってこともあり、そこで上手く行き過ぎるとリーグ戦は苦しむかも…ここも川崎と同様、スタメンと控えで戦力差が少しあるから、万が一があったら大変かもしれない。ただ、去年証明したように、戦力は整っている。おまけに新加入選手も久米チョイスって事もあり、即戦力になる可能性も。ダヴィと玉田の2トップがどれだけやってくれるか楽しみではあるね。

京都

新戦力がハマればかなり強敵になると思う。特に攻撃陣はJ2で大きく成長した豊田、経験値も高いディエゴ、2シーズンぶりの復帰となるパウリーニョと、メンツは結構変わっているが、噛みあわないという可能性は低い。守備もメンバーは結構揃っているし、監督の手腕次第では1桁順位も十分にあり得ると思う。

G大阪

こっちはまだまだ新戦力が完全に機能してないようで、ざまぁwww上辺の戦力だけ見れば優勝候補として挙げられるが、ACLもあって戦力は多少分散するし、新戦力の融合が遅れれば優勝は他の強豪クラブと比べると不利だと思う。まあ、これで優勝逃して、ACL出場権も取れなかったら西野政権終わって来季から凋落の道を進む…

神戸

ここも補強はしっかり行っているが、どうだろうか?やっぱ大久保、レアンドロの2トップが揃っていなくなったのは大きな痛手だろう。マルセウ、我那覇の2トップは去年の2人よりはスケールダウンなはず。マルセウがアウレリオ級…おっと失礼www他のポジションは比較的選手も揃っているから、攻撃が不発でも大きく順位を下げることはなさそう。ここは攻撃陣次第。

広島

正直、補強はもっとしないでいいのか?って気もしなくはないが、槙野、柏木、青山、高萩辺りの若手はJ1でも実力を発揮しそう。他も大体J1の時と変わりないし、右サイドにミキッチをピンポイント補強。DFと寿人のバックアップが少し不安だが、エスカレーターでの降格は恐らく無い…と思うけど。

大分

今季は戦力を維持できたから、その点は大きいかも。ただ、+αの補強があまりできていないし、主力の深谷が序盤は出られないと考えると、去年のような快進撃があるかは微妙。ウェズレイが機能しなかったらヤバイかも…去年のような守備力を見せることができれば1桁順位は堅いだろうけど。

 

これを基に順位予想をしてみよう、うん。

1位 名古屋
2位 鹿島
3位 清水
4位 G大阪
5位 浦和
6位 大分
7位 京都
8位 F東京
9位 川崎
10位 神戸
11位 大宮
12位 横浜M
13位 千葉
14位 広島
15位 柏
16位 新潟
17位 山形
18位 磐田

優勝チームはACL出場権のあるところから出てくると思う。且つ決勝まで行かないチームが来るかと。これは去年を参考にしているのだが、鹿島がACLでは準々決勝でアデレードに負け、他の2チームよりも早くJリーグに集中できる環境になった。ACLで負けた悔しさをリーグ戦にぶつけることで勝ち星を重ねるであろう。名古屋は戦力揃ってるし、若手が台頭してくる可能性も十分。その点、ACLは初という事で、そっちでは十分な結果が出せないと思う。大変失礼な言い方だが、その分リーグ戦で力を発揮して優勝してしまうのでは?と予想。そのためにはダヴィの爆発と若手の台頭が必要なんだけど。
エスパルスの3位は確かに希望的観測もあるけど、序盤の失速さえなければこれぐらいに順位には行ける、はず。いや、行って欲しい。
ACL出場チームでは、1チームぐらい順位を結構落とすと思うが、それが川崎。9位は若干下に見すぎてるけど、この順位はACLで結果を残すからこそ。今年もJチームがACLを制するならそれは川崎!!だと思うww
中位から下位は正直この通りには行かないと思う。ただ、大宮は去年までの残留争いまで一歩上には行きそう。横浜はもうちょい上な気もしなくはないが、若手だけじゃ…広島は何だかんだで苦しみそう。柏はどう転ぶか読めないな。磐田は…別に嫌いだからって理由だけじゃないからね?新潟が落ちるとかあんま想像つかないけど、今年から入れ替え戦ないからなぁ。山形は最下位にならんように頑張れ!!

さてと、1つでも当たったら奇跡だなwww

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年2月 9日 (月)

小浜

まず始めに。えー、お分かりのようにブログ名変更しました。正直、色彩検定3級とかノリで付けたタイトルだし、3ヶ月ぐらいでこのタイトルにしたことを後悔してましたwwwって、2年9ヶ月も前の心情なんて分からないっつーの。
まあ、いずれにしてもこのタイトルは変えようかなとは潜在的に考えてはいたけど、そのタイミングをなかなか掴めず。そのタイミングが今だ!!と思い、変更しました。

新ブログタイトル名は「She needs your response」。なに洒落たタイトルにしてんだよ、このイキリストが!!(NON STYLE風に言って見たww)なんて罵声を浴びそうですが。
これはUVERworldの「UNKNOWN ORCHESTRA」って曲のワンフレーズから付けたタイトルなんだけど。この曲が好きってのもあるが、このShe needs your responseってフレーズが曲中では「Shimizu S-PULSE」と空耳で聞こえるんです。いや、マジでwwwこれを見ていただければ分かる。

これで映像もキレイだったらPVとしても最高なんだけどねwwなんとなく、最近さらに好きになったUVERの歌詞を使おうとは心に決めていたが、このブログのコンセプトも考慮してこのタイトルにしました。

何かを変えるという事は、それなりの心境の変化とかもありまして。まず、ブログ的にはこのままじゃいけないなと。今回も1ヶ月ぶりに更新しているように、最近の更新頻度の低さは異常ですwww正直、ゆっくりブログを書く暇もそんなに無かったのですが、ひと段落したので、自分を奮い立たせる意味も込めて。
特にこの1ヶ月は激動だった(UVER的な意味ではなくww)。まずは卒論。2月2日に無事審査稿を提出できたので、卒業はほぼ手中にしたはず!!俺は年末まで文章はほとんど書いてなかったので、2月までの1ヶ月ちょいは卒論に追われまくってた。平日はほとんど論文に時間を取られてた気がする。さすがにバイトも減らした。最後の1週間は終わらないんじゃないかという不安にも駆られていたが、何とか形にして完成させた。初の大学泊まりこみもやったし、そうゆう意味では貴重な体験もできた1ヶ月で、今となっては良い思い出だwww明後日には発表会があって、審査もあって、最終稿出して、と…まだまだ卒業が確定したわけじゃないんだけど、一つのヤマは越えたかなと。まあ、頑張った方だと思います。

それと同時進行で(今考えると正にモロ被りだなww)頑張っていたこともあり…別に卒論だけだったら他の皆と同じだし、激動と言えるほどでもないワケでして。去年の年末に合コンをしまして(何気に2年連続で年末にやってるな)、そこで知り合った女の子にいわゆる恋ってヤツをしまして。年末年始は結構メールなんかしたりで卒論よりもメールの文章考えるのに必死だったりしてwwwメールしながら年越しましたよ、ハハハ。年明けに複数で遊び行き、その翌週から2週連続で2人で会いました。今になって思うと、よく3週も連続で会ってたなと思うし、この卒論の差し迫った時期によくやってたもんだと。そして、更に自分を追い込むような事を…3週連続で会った3週目にですね、告白したワケですよ。しかし、自分の望むような結果にはならず…まあ、失恋しました。詳細は某SNSにも書いたんだけど(てか、あの日記に気付いた人はどれぐらいいるんだろうか?)、焦りやら色々ありまして。まだ早いとは数人には言われて、確かにそれはあるとは思うけど、自分の行動を振り返ると、いつ言っても変わりはなかったかもなと。フラれた原因は自分にある。

でもさ…本来ならこの記事で彼女ができました、と報告したかったよ…ノロけたかったよ…今日という誕生日に2人で会いたかったよ…キスしたかったよ…ヤりt…すいません、後半取り乱しましたwww今だって、色々と楽しかった時のこととか、告白した日のこととか思い出して切なくなってしまった。
やっぱり中途半端な思いで告白したわけじゃないし、悔しくて悲しい気持ちは今でも変わらない。色々ありまして、フラれた後にも一度会ったのだが(5分も無かったけどww)、その時にやっぱりまだ好きだって気持ちは拭いきれてなかった。しかし、今はまだどう足掻いても付き合えるとは思えないし、仮に付き合えるようになったとしても上手くいく自信は無い。正直、自分の気持ちは整理しきれていないけど、今は変に拘り過ぎず、地道に頑張っていきたいと思う。あ、決して諦めた訳ではないので。ただ、どう頑張っていけばいいのかを模索しているところ。誰か相談に乗ってください!!

とまあ、ざっとこんな事がありましてね。22歳になった今日、そしてこれから変わらなきゃいけないと思うんです、自分。そう簡単には変わらないと思うけど、変えられるところから地道にね。やっていこうと思います。文章がまとまっていないこと山の如しですが、3周年記念ブログ兼22歳初ブログはこれにて終了!!これからもよろしくお願いしますm(_ _)m

P.S ひょうさんキャプテン就任おめでとう!!既定路線とはいえねwww

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »