« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月 6日 (土)

去年は全ハズシだったみたいで…

ド素人でも1チームぐらいは当てそうなんだけど、俺ときたら…ブログの更新がガクっと落ちたのもこれが原因らしいですよwww

 

それはそれとして、今年も各チームの簡単な分析と簡単な予想。簡単、コレ強調ね!!

 

今年はサカマガの選手名鑑買ったので、昨シーズンの順位で進めます。

鹿島
まあ、ホントに死角の無いチームですわ、鹿なだけに…スイマセンでした。
増田、田代といった貴重な戦力は抜けたけど、主力に主だった変化は無し。寧ろ最終ライン辺りはプラスにもなってるし、ACLも本気で狙い行ってるだろう。これでACLも今年は勝ち進み、ハード日程でリーグ戦の順位を下げてくれれば…

川崎
ACLが無ければリーグ戦では一番の強敵となっていただろう…前線といい、中盤といい、守備陣といい、スタメンを見るとJでもトップかその次ぐらいだろう。ただ、エスパルスと違ってベンチメンバーとに少し開きがあるかな。既に憲剛が開幕アウトと序盤は苦しむだろう、間違いなく。裏を返せば、ベストメンバーになってリーグ戦に全力注ぐ形になった時はもう…

G大阪
FWは外国籍選手だらけ、中盤は基本30歳以上、最終ラインは現状維持。なんかバランスがあんま良くない気はする…でも、それで勝ててしまうのがこのチーム。ACLとの両立で苦しむところはあるだろうけど、この日程で既に何年もやってきてるってのは強みだろう。基本的に上位には食い込んでくるでしょう

広島
GK西川の補強は非常に大きい!!が、それ以外はそれほど目立ってないという証拠。柏木の穴を埋められるのかどうかってのが今シーズンの課題にはなるだろう。あと、ACLが加わった日程でシーズン戦い抜けるかも見どころ。大きく崩れることはまあ無いでしょうけど…

F東京
DFとMFの補強は見事なまでに成功しているだけに、FWの出来が今シーズンを左右すると言っても過言ではないだろう。とはいえ、このチームのエースストライカーは石川ナオなんで平山が多少使えなくても…wwハマれば優勝争いにも絡んできそうな不気味なチームではあります、ハイ。

浦和
前線は柏木入ったのと現有戦力の確保で層は厚いだろうけど、DFラインがな…何だかんだで攻撃も守備も闘莉王が目立ってたしww
ただ、彼が居た時でも順位的にはアレだったし、どう変わっていくかは楽しみではあるかも。高原まで戻って来る必要は…ないな

清水
前回のエントリーでね(草葉の陰から見守ってるんですよ

新潟
黒河頑張れ!!以上。
ってのは冗談でしてwww各ポジション主力が抜け、それ以上の補強はできてないって事で前評判は悪いが、何やかんやで昇格以来ずっとJ1に定着しているチーム。去年の大分みたいにはならないでしょう。いや、大分も昇格してからしばらく定着してたな…

名古屋
去年、何でか優勝予想したが、ACL効果で中位。今年はそれを払拭するかのような豪華補強。しかし、ACLには出場せず…ちょっと!!
ひょっとしたら鹿島以上に強敵になる可能性も。新戦力がガッチリはまり過ぎると独走の危険はあるな。にしても三都主と闘莉王、そして外人枠フル活用…いつかの浦和ですなwww

横浜
俊輔は大きいな。てか、W杯後も日本居るの!?
そこはどうであれ、中盤には豊富なタレント揃い。それなだけに渡邊と新外国人の2トップが爆発すると手がつけられなくなるかも。木村和司はどうであれ、ダークホース的要素は十分。

磐田
あんまオフでは目立たなかったけど、良い補強はできてるんだよな。不安要素だったDFも韓国代表クラスを補強してるし、三番手のFWにJ2で結果出した荒田。中盤は元々良い選手居るだけに、これで下位に沈んだら監督の手腕が問われますなww

京都
ココは外国人選手が当たれば手強いチームになりそう。ただ、毎年ハズレを出さないイメージが強いんで、気をつける必要はある。あとは日本人の主力に怪我人出なければ…去年は渡邊大剛が抜けたりしてたからね。
失礼だが、上位争いに絡んでくるイメージは薄いんだよなww

大宮
先日、塚本選手の骨肉腫という非常に悲しいニュースが…エスパルスでも数年前に兵働が甲状腺機能障害で一時期サッカーができなくなってたし、決して他人事では済まされない出来事。病気に打ち勝ってくれる事を切に願います!!
それとは別で、今シーズンは層を厚くする補強ができたってイメージ。稲本は獲れなかったが、安英学もこれまた良い補強。降格争い常連から抜け出せられるかどうか。

神戸
外国人選手はJで実績ある選手なんである程度計算できそう。ただ、大久保の離脱は痛いかな…それと、結構新加入選手が多いんで、序盤は苦しみそう。そこで波に乗り切れず、ズルズル行くと…
監督がしっかりしているだけに余程のことがない限りはね

山形
新聞報道とかでは、良い補強ができて1桁順位も狙える!!とか言われてるけど、それが逆に恐いな…確かにJ1で実績ある選手は補強できてるんで、昨シーズンのように序盤で勢い乗っちゃうと良い流れでシーズン過ごせそう。

仙台
J2最小失点を誇ったDFラインがどこまで通用するか。中盤はJ1でも通用する選手多いが、FWはちと不安。フェルナンジーニョの加入はプラスに働くとは思うけど…そうゆう意味でも何かアクシデントがあると危ないかな。

C大阪
補強がしっかりされているだけに、昇格チームの中では前評判高い。確かに納得できるぐらいの選手層。CB2人獲れたのは大きいし、中盤も若手で良い選手が多い。FWのブラジル人が多少期待外れでも、その後ろの乾と香川が居れば安心ってのはある。昨シーズンの広島になる可能性はこのチームが1番高い。

湘南
反町監督なだけに、あれだけの選手層でも何とかしてくれそうな予感はあるけど…いきなり1桁順位ってのは厳しいかな。
ただ、11年ぶりのJ1復帰だし、何かしらのインパクトを与えて欲しい。坂本絋司には注目したい!!あと、野澤と村松も

 

これを踏まえ、今シーズンの展望はこうなると予想しましたとさ。

優勝争い:鹿島、名古屋、清水、FC東京
上位~賞金圏内争い:川崎、浦和、G大阪、横浜
中位争い:磐田、広島、大宮、C大阪
下位~降格争い:新潟、山形、京都、仙台、神戸、湘南

明確な順位は示してないが(当たらないからwww)、左から順番にそのグループでは上に行く可能性が高いと思っていただければ。
やっぱサポとしてエスパルスの優勝争いは見たい!!てか、期待しないといけないww

鹿島は間違いなく4連覇狙うサッカーしてくるでしょう。名古屋も空中分解さえしなければここに来て当然。FCは石川、平山次第ですがww

上位までのところで優勝争いに絡んできそうなのはACL組かな。ここらのチームはそもそも選手層が厚いからね。

下位は予想しづらいし、降格3チームも読めない。湘南はやっぱ戦力的にしんどいかな…何となく神戸が危ない気がするのは俺だけか?

 

あと12時間でJも開幕。ようやく始まりましたね!!まあ、そんな見れませんけどwww

| | コメント (2) | トラックバック (0)

草葉の陰から見守ってるんですよ

いけね、日付としては今日開幕じゃん!!2日前ぐらいから下書きしてたけど、今シーズンのエスパルスについて触れておきます。たとえ観戦そんな行けなくてもwww

 

今シーズンは珍しく移籍市場を賑わせたオフでしたww

それもそのはず、小野伸二が遂にエスパルスへ!!!!年末辺りでほぼ確定とか言っておきながら、途中から情報が更新されなくて破談になったんじゃねーの…と思ったが、無事に決まって。

どちらかというとエスパルスは資金が豊富でないチーム。こんなネームバリューのある選手の補強なんてアンジョンファン以来では…wwwそれはそうと、あんまエスパルスらしからぬ小野の加入だが、これまでの感触だとチームにも上手く馴染んでいるし、連携も良さそう。確実にプラスに作用していると、現時点では言えるでしょう!!

忘れてはいけないのは、今年はW杯イヤー。しばらく代表から遠ざかっているが、小野もメンバー入りを狙っているはず。そして、最早無くてはならない存在となった岡崎慎司!!Jでのマークはキツくなってる現状だが、それを打開してのゴール量産を期待。海外移籍はそれからですな!!!左ウイングなら代表でもやってるし、大いに期待しましょう!!

 

しかし、個人的に今シーズン最も注目している選手は2人のシンジ…ではなく、4-3-3システム変更に伴い右ウイングに起用されている藤本淳吾!!彼が今シーズンのエスパルスの鍵を握っていると言っても過言ではない。

2年前に大怪我をし、昨シーズンは新人王を取ったときのようなファンタジスタぶりは陰を潜め、不本意な1年だっただろう。しかし、天皇杯では来年やってくれるんじゃね?という動きは見せてくれてたし、先週のPSMでも鮮やかなゴールを決め、やってくれそうな雰囲気がプンプン。バルサでもメッシが同ポジションで10番。清水のメッシ、楽しみです!!

今シーズン期待の選手ランキングを付けるとしたら、1位は淳吾。2人のシンジはマスコミの注目度も高いので敢えて除外。

てな訳で、2位に挙げるとしたら、そこに大前元紀を推したい。ここ2年は十分な出場機会を与えられず、すっかり世間からも名前を忘れられてしまってるかもしれない…三保行った時もサテライトで本来のポジションじゃないボランチなんかをやっていて、どっかレンタルとかされちゃうかななんて思うこともあったけど、今年もエスパルスで頑張ることに。それはイコール、今年は本当の勝負の年、であると。システムが変わった事、前線に怪我人が多い事が重なり、序盤はチャンスが与えられそう!!岡崎だって3年目から出られるようになり、今や日本のエース。大前だってそれに続いたっていいじゃない!!

3位は色々居るけど、ここはやはり第3のシンジこと、50TA…ではなく、辻尾真二!!岡崎も年上を考慮してか、トリプルシンジを強調しているし、案外こうゆうスポットライトを浴びない選手が何かやってくれる予感はある。今年はSBの二番手というよりは右ウイング、つまり淳吾に疲れが出てきたタイミングで投入という、いわばスーパーサブの役回り。ここには一樹も居るし、彼も見たい。ただ、辻尾の縦への突破力はホント武器になる!!キックの精度が上がればねww大前と同じく、序盤では使われる機会多くなりそう。

その他にも注目すべき選手は多いですが、あんま挙げすぎると収拾つかなくなるんでこの辺で。

今年は序盤の失速さえ無ければ優勝争いにも絡めると予想している。これまでの仕上がりを見ると、今年は信じて良い気はするけど…いや、信じます!!シンジが3人いるだけにwww

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »