2010年8月15日 (日)

エスパルス観戦レポート27.0(VS横浜Fマリノス)

観戦レポートはこれを含めて2回しか更新してませんが、今季は4度目の観戦ですwww

とりあえず、これまでの3戦は3勝、しかもよく点が入る試合でした。これまでが良すぎたのか。ただ、満員になった日本平で勝ちロコやりたかったなぁ…

 

 

それにしても、久々にフラストレーションのみが溜まる試合でした。色々と文句言わせてくれ。

まずは各選手について。コメントが長い選手はそれだけ不満が多いという事ですww

 

西部:あの位置で壁3枚とか、俊輔舐めすぎ。J's GOALのコメントで見たけど、何が「壁の枚数は間違ってなかった、キックが素晴らしかった」だよ。それを防ぐのがあんたの仕事だろうが。それと、今に始まったわけではないがキック精度…マジで1週間で2万本ぐらい練習してくれwww同じ洋平でも、俺は武田の方が見たい。

市川:久々にイチを見て、やっぱアーリークロスは効いてるなと。故障明けだし、体力的にキツいかもしれないけど、もっと仕掛けて欲しい。イチの力は夏場を乗り切るには必要なんです!!

岩下:退場のシーンは…これは可哀相だと思う。向こうが詰めてきたところを防ごうとしただけで、決して故意ではなかったし。ただ、それが相手の足に行ってしまったのが…ただ、数試合出場停止になりそうな行為をしてしまった事、パスミスが目立ったところは反省材料。しっかり休んで出場停止明け頑張ってくれればいいさ!!

平岡:セットプレー以外の場面で危険なシーンを作らせなかったところはさすがと言うべきか。総合的に見て、今のエスパルスでは1番安定感のあるCBですなww

太田:最初の失点の原因を作ったのは太田。攻撃の場面で良いトコ見せてくれればまだ良かったものの、それも無し。前半だかに1本ミドルレンジからシュート狙ったのは良い判断だったと思うけど、それだけ。児玉が復帰したら危ないよ、そのポジション。

本田:流れの場面で相手の攻撃をさせなかったのは本田の動きがあってこそ。昨日の試合も十分に働きができていた。欲を言えばレーザービームで攻撃の起点をもっと作ってくれれば…

兵働:後半開始のシュートはもうちょっと大事にいってもらいたかった反面、ここ最近の好調さを感じられた。ただ、枠内シュートがいつもの兵働さんレベルでしたww

小野:相変わらずのファンタジスタぶり。退場というアクシデントで交代せざるを得なかったが、与えられた出場時間でやっぱゴールに絡むプレーが欲しい。前半戦はそれが出来ていた。

淳吾:1アシストと、昨日もゴールに絡むプレーができていた。やはり好調っぷりは相変わらず。俊輔が直接FK決めたんだから、次は淳吾が決める番ですよ!!

岡崎:1点目を取ってくれたのは非常にありがたい。ただ、後半のあのシーンを外したことがそれでチャラにできるかと言われたら決してそうではない。ああゆうのを決められないから武史にスタメン外されるんだよ!!その辺分かってくれないと。どうしても同点ゴールが欲しかっただけに、あれを外した罪は大きいよ。

ヨンセン:ポストプレーで見せてくれる場面はあったけど、ボンバーと栗原に抑えられてしまった感じかな…永井との交代はもうちょい早めでもよかった気がする。

ボスナー:ウォーミングアップでのシュート練習で強烈なシュートを連発していたように、途中出場で自分のすべき役割が分かっていたのか、ミドルレンジからシュートを狙う姿勢はこの試合のMVPと言ってもいいぐらい。気持ちが伝わってきました。新潟戦頼みます。

永井:高さでは消されるから、足で何とかして欲しかったけど、それも防がれてしまっていたかな…もっと出場時間長く与えてあげればいいのに。

枝村:2試合続けての途中出場弾はさすがに厳しいか。ただ、困った時には期待ができる選手であるのは確か。

監督:試合終了後に西村のところへ歩み寄ってくれたのには心が救われた。今回に関してはしっかりと批判、というか意見を求めて良いと思う。ただ、明後日の新潟戦を取りこぼしてズルズル行ってしまうのだけは勘弁。そこは本当に監督の手腕が問われますよ!!

 

Fマリノス:俊輔にやられたというのが何より悔しいし、ムカつく。流れの中では全然やられてなかっただけに。与えられたセットプレーを確実にモノにするところはさすがというしかないけど…あと、前半ロスタイムのGKに関してはイエロー出して然るべきだったと思う。前半とはいえ時間の無駄使いすんな!!あと、和司のパンツは非常に白かった…ww

 

審判:マッチデープログラムを見た時、西村という名前があって、「世界の西村さんか!!今日はこの前見に行ったセレッソ戦とは違って落ち着いた試合になりそうだな」と思った。それは他のサポーターも同じだったであろう。それ故に試合前には彼に対して、普通は起こらない審判へ向けての拍手が起きた。これで気分を良くしたのか?

前半に関しては、ファウルを流されたり、時折「ん?」と思う判定もあったが、そこまで批判することじゃないだろと。その考えが今となっては甘かったのか…

後半の2点目を取られるきっかけになったFKもどうかと思う。遠くだったからよく分からんけど、似たようなプレーで何度か流してなかった?この辺りからコイツ本物の西村か?と。そして、その10分後に起きた岩下へ対しての一発レッド判定。

恐らく、あの立ち位置からだと、岩下の足がボールではなく思いっきり足の方へ行ってしまったように見えたのであろう。そして、運が悪いことにスパイクの裏が見えていたんだろうと…ただ、その前のプレーを見て分かるように、岩下はフェリペ・メロと違って故意ではないんだよ!?そこだって、世界最高峰の舞台で笛を吹いた審判なら分かるはず。

個人的には、あのレッドカードの意図は半分パフォーマンスだと思ってる。それ故、あの判定には納得いきません。W杯で、いくら勇気ある判定をしたからと言って、この判定が妥当だとされてしまうのは困る。少し持ち上げられたからって勘違いしないで欲しい。持ち上げた側の人間が言うのも何ですがww

あと、カードが少なかったのはイギリス人に比べては良かったです。欲を言えば、1枚ぐらい遅延行為でマリノスにイエロー出して欲しかったなぁwww

 

 

結局、文句と言っても審判に対してばかりになってしまったww1番良くないのは、この敗戦の影響で新潟戦がボロボロになってしまう事。そこで去年との違いが表れるだろう。名古屋は勝っちゃったけど、鹿島が引き分けてくれたので、今野に感謝しつつ、前向きに頑張りましょう!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月16日 (金)

エスパルス観戦レポート26.0(VSベガルタ仙台)

実に!!2年ぶりの観戦レポートとなってしまいましたwww昨シーズンも行ってないわけではなかった。ただ、行ったのがホーム開幕戦と最終戦。結果は…共にスコアレスドロー。

 

すいません!!書く気になれませんでした!!!!

 

言い訳はこれぐらいにして…と。そろそろ本題へ。

1時キックオフという事もあり、朝は8時に出発。普段の仕事よりも早いですwwwにしても、車は駐車代だけで済むから良い!!

今シーズンも相変わらずパルちゃんが出迎え(目線合ってないけどww)、相変わらずメインスタンド寄りの席を陣取り、相変わらずグッズとか見ても買うことはなく、相変わらずパルちゃんショーは健在(仮面ライダーはあんま分からないんだな…)。

心配されていた天気も雨の気配は全く無く、ちょっと曇りがかる程度でちょうど良く、試合が始まりました。

開始1分足らずで本田のミドルシュートが相手ゴールを脅かし、上々のスタートを切る。このシュートも何かしらの予兆だったのかもねww

前半は右SBに入った辻尾が効果的な攻撃参加を見せ、あとはフィニッシュだけだったがすぐにはゴール生まれず。仙台にも何度か決定機作られたが、そこを耐え切り生まれたのが25分のヨンセンゴール!!サイドでフリーで受けたところを中に切り込み、低い弾道でGKも触れない右隅に突き刺さった。去年は計4試合でヨンゴールが見られなかったので非常に嬉しかった♪

ゴール後もエスパルスがゲームを支配し、時折仙台に危ないシーンを作られるという展開だったが、終了間際にセットプレーの流れから、本田がボールを持って攻撃参加。淳吾とまずワンツー、次に岡崎とワンツーで豪快なシュートを決めてくれた!!この一連の流れはマンデーフットボールにも引けを取らないゴールなので、サッカー誌でも今節のベストゴールとして取り上げてくれてました。ルーキーイヤーに決めた鹿島戦のゴールもスタジアムで見てるので、3点目もきっと見られるでしょうww

前節のマリノス戦と同じく、2-0で前半終了。前節は後半押し込まれたため、立ち上がりと追加点が非常に重要だった。それが理想的な形で決まってしまうんだから、今のエスパルスは凄まじく強い。

3点目は兵働のシュートがGKに弾かれるも、ポストに当たり詰めていた淳吾が押し込んでゴール!!今シーズンは初ゴールが90%以上ヨンゴールだったので、今回は正真正銘のゴールでしたww

そして、その3点目の興奮も冷めやらぬうちに4点目が。CKから兵働のキックが良いところに入り、マークを外してフリーとなった平岡が合わせてゴール!!平岡はこれがリーグ戦初ゴール。同い年でもある2005年入団組には特に思いいれは強いのだが、同ポジションの青山や岩下がレギュラーを確保してチームの中心となりつつある傍らで、多くの出場機会に恵まれず、レンタル移籍を経験したりと苦労の多い平岡。その中で取ってくれたゴールなだけに、今節のゴールの中でも1番嬉しいゴールでした!!

後半、目前で2ゴールも見られてかなり満足だったが、そこはホーム日本平。このままじゃ終わらなかった!!4点差という余裕もあってか、攻撃陣を積極的に入れ替え。岡崎に代えて永井、ヨンセンに代えて大前を投入。そして、この交代がまたも的中してしまうのが今年の健太采配。平岡がヘディングでクリアしたボールが運よく前線に行き、相手CBと永井が1対1に。スタートの時点では後ろに居たが、そこは永井雄一郎。あっという間にマークを振り切り、ペナルティエリアへ入ったところでキープせず、ダイレクトボレー!!GKが反応しても止められないコースとスピードでゴールを決めてくれました!!永井もエスパルス移籍後、リーグ戦では初ゴール。浦和時代のような速さと技術の高いゴールでした。

その後も6点目が取れるんじゃないかという試合展開だったが、逆にボスナーのとんでもないバックパスから攻め込まれ、最後は中原に決められて5-1に…西部も全然反応できてなかったのは考えものだが(前半にもポストに当たったヤツで似たパターンが)、それよりもボスナーのあのバックパスはあり得ない。確かにヘディングでしか処理できないって。

最後に大前辺りがシュート撃つなど、積極的な姿勢が見られ、西部も危ないシーンを好セーブで止めてくれ、5-1で試合終了。好調仙台との首位対決を予想以上の出来で制してくれました!!試合後は去年7月以来の勝ちロコ。待った甲斐があったってもんです。

内容としては、前節までの勝利ってのはどことなく相手に支配される時間が多く、ヒヤヒヤもんの勝利だったが、この試合は内容でも仙台以上でした。攻撃では、決めるべきところをきっちり決め、相手DFの一瞬の隙を突いて決めるという、無駄のないサッカーができていた。一方守備では、フェルナンジーニョ辺りに何度か崩されかけたけど、最後のところでボスナーだったり平岡だったりが踏ん張ってくれた。そして、アンカー拓ちゃんの献身的な動きで失点をなかなか許さなかった。最後の方で集中力が切れてしまった感は否めないけど、90分間を通して良い試合展開ができ、間違いなく今シーズン1番の試合だったと言えるでしょう!!

続いて、今回もやります、各選手の個人的評価。

西部:3回ぐらい神セーブがあった。守護神っぷりは健在。これじゃあ変えにくいわなwwバックパスの処理は相変わらずのネタっぷりだが、それ以上のパフォーマンスをしてくれてるので問題なし!!
辻尾:ボールを持つとホントにワクワクさせてくれる。ここまで縦への突破力があるSBは他にいるだろうか?後半は失速気味だったけど、イチにも引けを取らない右SBへとなりつつある。
平岡:初ゴールおめでとう!!本職の守備でも終始安定したプレーでゴールを守ってくれた。あと、5点目のアシストもしているし、失点とイエローさえ無ければ今節のMVPにもなれたかもww
ボスナー:守備では多くの場面でシュートブロックし、ピンチの芽をつんでいた。久々に良いCBが来たなと。ただ、西部の事はまだ分かってないですねwwそれ以前にあのバックパスはあり得ないが…
児玉:守備のバランスを取ってくれる選手。プレースタイル的に目立つ方じゃないけど、きっと今のエスパルスのDFラインには不可欠な選手なんだろうな。SBではもうちょい攻撃参加欲しいけど…
本田:メディアでの通り、今節のMVPは彼でしょう!!アンカーだけの役割に止まらず、攻撃にも参加できれば恐いもんなし!!W杯後の日本代表が楽しみですわww
兵働:ゴールこそ無いけど、2アシストと3点目に繋がったミドルシュートと、計3ゴールに絡む活躍。中盤の激戦区でレギュラーを張れる根拠をプレーで見せてくれました。
小野:遂に初小野伸二でした!!エスパルスの中盤にあと一つ欠けていたピースを埋めてくれた感じ。ゴールに直結したプレーは少なめだけど、好調の要因になってるのは確実。小野効果抜群ですわ!!
淳吾:3点目はごっつぁんゴールじゃなく、淳吾がちゃんと寄せていたから生まれたもの。相手の集中力を切らせたおかげで4点目にも繋がった。絶好調まででなくても、勝利に貢献できればOK!!
岡崎:2点目のおしゃれアシストをしてしまうところから、成長の証だろう。ただ、代表での疲れは明らかだった。まあ、他の選手が活躍してたし、余計目立たなかったなww
ヨンセン:これで正真正銘の今シーズン初ゴールww高さだけじゃなく、足元も強いってのはCFとしては大きな武器。ところでFK蹴るタイプでしたっけ?

永井:限られた出場時間で決められたのは大きい。今季はウカウカしてたらベンチ入りさえも危ないから、このゴールをきっかけに更なる活躍を願うばかり!!
大前:さすがにゴールを奪うのは難しかったが、最後までシュート撃ってゴールを狙う姿勢は素晴らしい。
テル:ゲームを締めるクローザー的役割だけじゃなく、追加点を取るために投入されるスーパーサブとして俺は位置づけてるんだけどww

監督:今シーズンは恐ろしいほどに選手交代がプラスに働いている。これは大事!!スタメンでも、児玉かと思われたCBには平岡を使ってきたが、これが的中したし、調子の良い選手を見極めできている証拠。この調子でガンバ戦も!!

仙台:シュート数はエスパルスより数本少ないだけだったし、危ない場面も作られてた。結果では差は開いたけど、内容で圧勝という実感はそこまででなかった。フェルナンジーニョとりあえず決められなかったのは良かったですww開幕前での予想では結構下に予想してしまったけど、上方修正すべきかなと…

正式にはまだ暫定だけど、この時期で勝ち点差をつけて首位に立っていられるのはここ数年のエスパルスには無い好スタート。ここまで公式戦8試合負けなしで続いていて、いつか負ける時が来るとは思うけど、決して負けるのを待つ必要はない。勝てる相手にはどんどん勝っていけばいい!!そして、今節でようやく俺の今シーズンも開幕ww去年よりは行ければいいなぁ…

最後に、今回の観戦での雑感を簡潔に

・比較的早く来れて、開門待ちは割と前の列で並べたけど、2Fスタンドの埋まり具合が前より早かった。天気か?

・評判があまりよろしくなかった小野のチャント。確かに微妙だなと…でも、後半辺りでは不思議と馴染んでしまっていた。ただ、次行く時にはまた違和感あるんだろうなww

・3点差→駒込。4点差→ガニャー。まさか試合中にガニャーとは!!

・スタジアムでイヤーブック買うと店員さんが「じゃあキレイなの出しますね」と。別にどれも変わらないんだけど、そうゆう一言は嬉しいですね♪てか、今年のイヤーブックって後援会員の人にはエスパルスニュースと一緒に届いてるんかな?

・仙台の中原は高さも凄いがイケメンでもある。谷澤や狩野が居た静学と選手権で戦って勝ってたから、そん時から知ってる選手ではあるが。

・フェルナンジーニョがあまりにブーイングされ過ぎてて、ちょっと可哀相に思えたwwキレの良さとジャッジにちょいちょい喰らい着くところは相変わらずでした。

・が、彼以上に仙台でうるさいのが左SBに入った韓国人選手ww

・これだけを書くのにどれだけの時間費やしたかwwwやっぱ観戦記は面倒…じゃない、大変だ!!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年3月 6日 (土)

草葉の陰から見守ってるんですよ

いけね、日付としては今日開幕じゃん!!2日前ぐらいから下書きしてたけど、今シーズンのエスパルスについて触れておきます。たとえ観戦そんな行けなくてもwww

 

今シーズンは珍しく移籍市場を賑わせたオフでしたww

それもそのはず、小野伸二が遂にエスパルスへ!!!!年末辺りでほぼ確定とか言っておきながら、途中から情報が更新されなくて破談になったんじゃねーの…と思ったが、無事に決まって。

どちらかというとエスパルスは資金が豊富でないチーム。こんなネームバリューのある選手の補強なんてアンジョンファン以来では…wwwそれはそうと、あんまエスパルスらしからぬ小野の加入だが、これまでの感触だとチームにも上手く馴染んでいるし、連携も良さそう。確実にプラスに作用していると、現時点では言えるでしょう!!

忘れてはいけないのは、今年はW杯イヤー。しばらく代表から遠ざかっているが、小野もメンバー入りを狙っているはず。そして、最早無くてはならない存在となった岡崎慎司!!Jでのマークはキツくなってる現状だが、それを打開してのゴール量産を期待。海外移籍はそれからですな!!!左ウイングなら代表でもやってるし、大いに期待しましょう!!

 

しかし、個人的に今シーズン最も注目している選手は2人のシンジ…ではなく、4-3-3システム変更に伴い右ウイングに起用されている藤本淳吾!!彼が今シーズンのエスパルスの鍵を握っていると言っても過言ではない。

2年前に大怪我をし、昨シーズンは新人王を取ったときのようなファンタジスタぶりは陰を潜め、不本意な1年だっただろう。しかし、天皇杯では来年やってくれるんじゃね?という動きは見せてくれてたし、先週のPSMでも鮮やかなゴールを決め、やってくれそうな雰囲気がプンプン。バルサでもメッシが同ポジションで10番。清水のメッシ、楽しみです!!

今シーズン期待の選手ランキングを付けるとしたら、1位は淳吾。2人のシンジはマスコミの注目度も高いので敢えて除外。

てな訳で、2位に挙げるとしたら、そこに大前元紀を推したい。ここ2年は十分な出場機会を与えられず、すっかり世間からも名前を忘れられてしまってるかもしれない…三保行った時もサテライトで本来のポジションじゃないボランチなんかをやっていて、どっかレンタルとかされちゃうかななんて思うこともあったけど、今年もエスパルスで頑張ることに。それはイコール、今年は本当の勝負の年、であると。システムが変わった事、前線に怪我人が多い事が重なり、序盤はチャンスが与えられそう!!岡崎だって3年目から出られるようになり、今や日本のエース。大前だってそれに続いたっていいじゃない!!

3位は色々居るけど、ここはやはり第3のシンジこと、50TA…ではなく、辻尾真二!!岡崎も年上を考慮してか、トリプルシンジを強調しているし、案外こうゆうスポットライトを浴びない選手が何かやってくれる予感はある。今年はSBの二番手というよりは右ウイング、つまり淳吾に疲れが出てきたタイミングで投入という、いわばスーパーサブの役回り。ここには一樹も居るし、彼も見たい。ただ、辻尾の縦への突破力はホント武器になる!!キックの精度が上がればねww大前と同じく、序盤では使われる機会多くなりそう。

その他にも注目すべき選手は多いですが、あんま挙げすぎると収拾つかなくなるんでこの辺で。

今年は序盤の失速さえ無ければ優勝争いにも絡めると予想している。これまでの仕上がりを見ると、今年は信じて良い気はするけど…いや、信じます!!シンジが3人いるだけにwww

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月 7日 (土)

エスパルスの日程的な意味で

開幕は明日です!!誰が何と言おうと。

 

開幕までにやり残したエスパルスの今シーズン分析を取り急ぎやっちゃう!!適当になってないことを望むwww

専門誌の専門家による予想では、今シーズンのエスパルスは軒並み上位~中位には予想されている。さすがに優勝と予想してくれる人は見られないが(ちゃんと見れば居るかもしれんけど)、2位や3位の予想は去年よりは増えたんじゃない?そうゆう意味では外からの評価も高くなってると言えるだろう。

やっぱり攻撃陣の層が厚くなっているのが大きい。昨シーズン成長した岡崎、一樹に加え、ヨンセンと永井。永井が若干出遅れてるけど、ヨンセンはプレシーズンマッチや練習試合で連携は深めているし、開幕からやってくれるだろう。去年の2トップは実際に結果も出してるし、調子も良さそう。始まってみないと分からないけど、去年のような得点力不足、日替わり2トップとかも無さそう。ここに挙げた4人以外にも、木島も戦力としてやってくれそうな気配をキャンプで示したし、大前や長沢辺りもそろそろレギュラーを脅かすぐらいに成長してもらわないと。金丼もなーww

中盤は大きな入れ替わりはないが、エダの得点力が戻り、真希がレギュラーとして十分に活躍できるようになり、パウロが機能するようになり、淳吾が戻り…内部での戦力アップは計り知れない。中盤だけで2チームは軽く作れるなwwベースは去年の後半の4人だとは思う。ただ、淳吾は使いたいし、本田も2ボランチなら負担も減るし、機能していくと思う。チーム内の競争も激しくなるし、それが良い方向へいけば順位も上の方へ自然とね。

DFは開幕までにやっぱ不安は残ったかな…CBのアオと岩下はシーズン通して連携を深めていってくれるだろうけど、それよりもバックアップメンバーの成長が必要かな。今のところ廣井と平岡は横一線。それよりは児玉なのか?現状は。できれば、彼はSBで太田と競ってもらいたいから、負担を減らすためにもCBが本職の選手に頑張ってもらいたい。SBは左の場合は児玉がややリードかな?太田は徐々に出場機会を増やしてくるはず。右はイチのレギュラーは確定だろう。ただ、終盤から評価上げている純平がちょっと楽しみ。
いずれにしても守備力はやや下がっているようなので(誰が抜けたから、とかでなく)、この辺は試合を重ねていきながら高めるしかない。個人的には1人補強するのも手だとは思うけど…

スタメンは多くの専門誌とかと大差はないのであえてここでは書かず。ベンチ争いが去年よりは格段に激しくはなってるよね。あと、中盤をダイヤモンドやテルを右サイドとかにしてないのでその辺は安心www

序盤は去年ほどの低迷はないとは思ってるが、かと言って最初から首位とかに居れることはないだろう。例年通り、スタートダッシュはそこまで決まらないと思う。格下(Jだとそんなに格差は無いのだが…)相手に変な取りこぼしするのが減ればいいんだけどww夏場からは例年通り勝ち星を積み上げてもらわなければ困る。それが上手く行けば、去年の5位よりは確実に上に行けると思う。一応3位とは予想したが、良い意味で裏切ってくれるのを期待。

今季は長谷川体制になって5年目。サポーターもそうだが、選手達も本気でタイトルを欲しているだろう。今年は観戦に行ける機会も増えそうだし、去年よりもスタジアムでエスパルスの勝利が見られることを期待してる。あ、最初の方からねwwwところで、今年も勝ったらロコロコやるんかな?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年1月 8日 (木)

明けましておめ…

とっくに時期過ぎてますよね、分かります。今年初ブログっつーことで、ひとつよろしくお願いしますm(_ _)m

ここ数日の移籍報道に乗っかって俺も一言言わせてくれ。全然一言じゃないのですがwww

とりあえず、今オフの補強と放出はこれでひと段落かな?これ以上誰かが出て行くことは考えにくいし、あと何か動きがあるとすれば補強だろう。

新たに入ってくる選手達には、ようこそエスパルスへ!!特に他チームからの移籍という形で入ってくる3選手は皆さん素晴らしい選手。元のチームでも非常に愛されていた選手だから、ホントに大切にしなければいけない。間違いなく、チームに良い影響を与えてくれることでしょう!!
逆に出て行く選手達にはさようなら。特にこれはエスパルスも今季の戦力としても考えられ、昨シーズンの主力だった選手(約2名)のことを言っているのだが、エスパサポである自分はこうゆう形で出て行くこともあって、新天地での活躍は期待していませんから。正直、移籍したことを後悔してしまえばいいと思ってます。活躍すればそれはそれで、ああ良かったねと思いますがwwwこうゆうパターンだと、彼らを獲得していったチームに強い嫌悪感を持ちますが、今回ばかりはエスパルスも似たようなことをしているので、あんまそうゆう感情は抱けないし、抱くべきでないのかなと。ただ、ガンバのやり方は少々えげつない気もしますが…なので、これ以上彼らの移籍に関してとやかく言うつもりはないです。日本平に来た時には、まあブーイングだよねwwwヤツらのプレーの集中力を落としてやりましょう!!

にしても、今オフの補強はいつになく積極的だった(出て行く方も積極的だったがwww)。これだけシーズン開始が楽しみなのも久々だろう。今季の布陣とかあれこれ想像しちゃうし!!ちょっと、各ポジション別に考えてみようかね。

GK
メンバーはここ4年ぐらい一緒じゃないか?他ポジションが激しく入れ替わってる一方、ここまで変化が無いのも珍しいwww
正GKは海人、西部の争いがより激しくなるだろう。やや海人がリードか。しかし、こないだ手術したこともあって、ひょっとしたら調整が遅れるかもしれない。そしたら序盤は西部が優位か。個人的には海人支持者なんで彼が出てくれる方が嬉しいのだが、西部も終盤にレギュラー奪われた事でもう一回り成長してくていたら嬉しい。
これに武田、掛川がどう絡むか。武田はそろそろ出場機会が欲しい。チャンスがあればいつでも出てきて欲しい。掛サンは今季こそ出場機会が回ってくるか…

DF
CBは、昨シーズンフル出場がポッカリ空いてしまったので、戦力ダウンは逃れられない。しかし、その穴埋めをやってくれる選手は居ると信じてる!!その第一候補が岩下。昨シーズンはCBよりSBでの出場機会が多かったが、今季はCBに専念するだろう。個人的に彼に期待する部分は大きいので、実はかなり楽しみでもある。彼とコンビを組むことになるのが、まあアオでしょう。ぶっちゃけ、今も彼に全幅の信頼は置けないのだが、何気にレギュラーの座を掴んで4年目。経験不足とはもう言わせない。これまでは和道に頼っていても大丈夫だったが、今季は自分が引っ張っていく選手にならないと。それだけの素質はあるんだからさ。割と酷いこと言ってるけど、それは期待しているからなんだよwwwそして、札幌から復帰した平岡と3年目の廣井。平岡は札幌でそこまで出場機会は増えなかったけど、実際プレーはそんなに見てないし、成長っぷりが楽しみ。ひょっとしたら凄いことになってるかもよ?廣井は出場機会がこれまでほとんど無いが、CB最年長だし、自分がやらねば!!っていう気持ちはあるはず。昨シーズン、3年目でブレイクした真希のような覚醒に期待。
SBは逆に厚くなったかな?特に左が。攻撃的な太田と守備が安定している児玉のレギュラー争いはチームにも良い影響を与えてくれるはず。太田が上手くフィットすれば、児玉をCBに回すこともできるし。あと、昨シーズン児玉が怪我したときは左SBの人材に困ったし、そうゆう面での安心感も大きい。右はイチが突出していて、2番手をJPと辻尾が争い感じか。現時点ではJPがリードか。正直、彼は構想外になるんじゃないかと思ったが、終盤に可能性を感じさせてくれたし、今季もどれだけ出てくるかが楽しみ。

MF
終盤はダイヤモンドからボックスになっていたが、今季はどうか。とりあえずボランチにはテルが固定で、もう一つが真希か。もしくはエダが入って、2006年のような感じになるのか。このポジションには本田、パウロと居るが、どれだけレギュラーの座を脅かせるかがチームの成績にも影響してくるだろう。ダブルボランチなら本田も見たいな。
前線は兵働、エダ、これに怪我から戻ってくる淳吾、そして永井辺りか。この4人なら誰が出ても遜色ないし、非常に安心感もある。唯一の不安は怪我や病気…昨シーズンも序盤に兵働が出られず、後半戦は淳吾。特に序盤は救世主的な選手も現れなかったし、かなり苦しかった。それを繰り返さないためにも今季は調整はしっかりと行ってもらいたい。あと、大前は使われるとしたら今季もOHだろうか?

FW
最も入れ替わりの激しかったポジション。出て行った選手の数と入ってきた選手の数だけ見ると昨シーズンよりは下だが、戦力的には上だろう、出て行った選手達には申し訳ないが。
レギュラークラスと考えられるのが、昨シーズン急成長した岡崎と一樹、そして新加入のヨンセンと永井。組合せは重要だが、誰が出てもワクワクが止まらない最前線となるだろう。そしてベンチも豪華になって、試合の流れも変えられるはず。この4人は絶対的だと思うが、彼らに若手がどれだけ絡んでくるか。彼らの台頭はチームに活力を与えるし、これだけの層だからこそ必要だ。
あと、今季も2トップなのだろうか?場合によっては3トップも?3トップなら、左岡崎―真ん中ヨンセン―右永井(一樹)とか見てみたい!!もしくは淳吾やエダ、大前なんかを絡めてみても面白いと思うし!!この辺はキャンプでの動向で見えてくるでしょう。昨シーズン序盤のような決定力不足、ストライカー不在なんて状況とは無縁になるでしょうねww

スタメン予想とかはもっとチームが熟成してからにするか。あと、今季は背番号が結構空いたから、その辺も楽しみだ。あえて予想はしませんがwww

と、卒論の一休みで書いてみた今年初ブログでした。何もしなかったじゃ不味いから、ちょっとやるか。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年12月31日 (水)

大晦日だよ!!ブログ更新スペシャル

今シーズンも年内で終了か…去年の記事見返したら、結果的に3年連続でのベスト8止まりなんだなwwwやっぱ反比例の法則なのか?
と、終わった事を気にしても仕方ない!!2008年シーズンを振り返ろうか。

 

今年のエスパルスの成績

リーグ戦:5位(16勝7分11敗 勝ち点55)
ナビスコ杯:準優勝
天皇杯:ベスト8

 

リーグ戦は昨シーズンから1つ下がって5位に。しかし、今年の5位はよくやったと言えてしまうぐらいシーズン前半が…毎年そうなのだが、今シーズンはより前半が酷かったな。全てが最悪だったと思う。FWは期待の外国人マルコス・アウレリオが全く機能せず、頼みの日本人ストライカー矢島もいま一つ…一樹が4月辺りから台頭してきたのと、西澤が昨シーズンよりは機能していたのがせめてもの救いだったかも。そういや岡崎は千葉県のチームにしか点取ってなかったような…MFでは、フェルナンジーニョの我がままプレイにある意味翻弄され(結果が出れば良かったんだけど…)、兵働の離脱、パウロがフィットしないがために、何を血迷ったのかテルを右SHに据え、中盤が崩壊。本田拓也が前半戦は気を吐いて頑張っていたが、チームの結果には反映されず…その後、ベンチ暮らしが続いてちょっと可哀相だったかな。DFはDFで、イチが開幕戦で怪我をして辻尾がまさかの開幕戦デビューや、児玉の怪我、アオの浮き足立ったプレーの連続と、何かと安定感を欠いた感が否めない。15位、16位辺りで折り返したときはさすがに覚悟したよ(何を?)。てか、今年は7月に入っても勝てない日が続いたので、かなり危機感を覚えた。後半戦最初をの3-0(新潟戦)を勝ったものの、その後3戦連続で引き分けだったので。特にアウェイ大分戦は、間違いなく勝ったと思ったのに、シャムスカマジックというか九石の見えざる力の前にやられたね。ただ、柏戦での勝利後、名古屋には負けはしたが(西部のポロリ、あれは今でもねぇわ)、ナビスコでの勝利で勢いに乗り、快進撃が始まった!!内容も素晴らしい試合はもちろんあったが、東京V戦や神戸戦はイマイチな内容にも関わらず、チャンスを逃さずゴールを決め、勝ち点3をゲットしていた。敵地鹿島での敗戦は痛かったが、その次のFC東京戦の5得点は凄かった。個人的には、一樹のルーレットからのゴールが、今シーズンのベストゴールです。試合後のインタビューも泣けた…その後も順調に勝利を重ね、徐々に順位を上げて、いつの間にか降格圏ともオサラバ。優勝争いには間に合わなかったが、最後は3連勝で締めくくり、最後に浦和とFC東京を抜いちゃって、5位でリーグ戦終了。さっき、オフィシャルサイトを見て気付いたが、名古屋戦以来、3連勝して1敗してまた3連勝というサイクルになってんのな。4試合あって勝ち点9取れりゃあ、そりゃ順位も上がるわwww
 

今シーズンを語る上で忘れてはいけないのがやっぱりナビスコ!!特に予選リーグは夢も希望も見出せなかったリーグ戦(言い過ぎwww)に反比例して快進撃だったからなぁ。あれで、一樹や岩下が着々と力を付けたからなぁ。まあ、観戦に行った第6戦のヤマハでのダービーは酷い試合だったが…
決勝トーナメントでは、両山本がチャンスを作り、決勝へと導いてくれた!!海人は安定感のあるセービングを見せ、真希はミドルシュートと天才的なパスセンスでゴールを演出。準決勝2戦目はテレビで見ていたが、良かったね、うん。決勝は、大分の守備陣に何もさせてもらえず、逆に向こうのチャンスで確実に決められて負け。その日、ゼミの関係で名古屋にいた俺と和道の流した涙は何だったのでしょうか(爆)おっと、後者はまだそう言うには早いですね。

そのリベンジとして臨んだ天皇杯は、呆気なく準々決勝で敗退…どうも、リーグ戦の成績が良い年は負けるねぇ。最後に関してはゴールシーンしか見てないし、いつの間にか今シーズンが終了していた感じだwww

去年も選んだが、今シーズンのエスパルスのMVP。大方の意見では岡崎慎司でしょうそうでしょう。北京で悔しい思いをして、その気持ちがリーグ戦に表れ、その結果がA代表。本人にとって大きく、そしてサポーターとしても予想外の成長を見せた1年だったでしょう。だがしかし!!俺は他の選手に個人的にMVPをあげたい。その選手とは、岡崎と同い年、つまり俺とも同い年の岩下敬輔選手が俺の中での2008シーズンMVPです!!前半戦はあまり出場機会も無かったが、常にベンチに居ることで、何かあった時の安心感はそこにあった。ナビスコでは、セットプレーの強さを武器にゴールも挙げる。特にエスパルスのレギュラーCB2人はデカい割にセットプレーで決められなかったからなぁwww(和道は頭以外で結構決めたが。アオも1点か)。夏場辺りは児玉の怪我もあって左SBでの起用も。右だけでなく両サイドをこなせる起用さ、CBとしても質の高いプレーを見せてくれたし、チームにとっては不可欠な存在となっただろう。今シーズンで、彼はベンチに置いておくには勿体ない選手にまで成長した。来シーズンに向けて、左SBに太田を補強したし、CBとしての出場時間が増えそう。てか、個人的にはレギュラーでいいと思う。あの人が移籍するしないに関わらず。強いて言うならば、もう少しカードが減れば…ねww出場停止1回あったし、できれば出場停止なしでシーズン終えるぐらいの気持ちで!!

こっからは個人的な振り返り。

今シーズンは開幕戦の大分戦に始まり、ホーム最終節の千葉戦まで、計11試合に参戦。去年の記録抜いて、今年も過去最高記録です。来年から静岡勤務になったら、もっとスタジアムに足を運びたいですね。アウェイにも参戦したいです、ハイ。ちなみに観戦成績は5勝3分3敗(恐らく)。勝率は去年が上かな…というのも、前半戦は鹿島戦まで勝ち試合が見れなかったから。最初の4つは、負け引き分け負け引き分けの流れで、このままだと俺観戦行くのやめた方がいいんじゃないか?とも思ったりwwwまあ、そんな法則も呆気なく破れ、最後の3試合は全部勝ちました。内容もどれも良かったと思う。相手に全く良さを出させなかった意味では、川崎戦がベストかな。

最後に。今年もこんな半化石化したブログを見て頂いてくれた方々に感謝申し上げます。ありがとうございましたm(_ _)mここ最近の更新頻度の低さは目に余るものがありますwwwいや、まあ色々とあるんですよ、こんな俺にも。
このブログを通じて知り合えた方もいますし、今後とも末永くブログは続けていきたいですが、卒研の呪縛から解放されても月1や月2の更新にとどまってしまったら、ちょっと方向性を考えるべきかもしれないですね。てか、俺がブログを書くとこんな感じでおのずと長い文章になってしまうのですが、もっと短く定期的に更新した方がいいのかな?その辺も含め、今後の身の振りを考えたいと思います(ブログ的な意味で)。

来年も引き続き、よろしくお願いしまうぃっしゅ!!(俺の中での流行語で締めちゃいましたwww)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年12月 9日 (火)

エスパルス観戦レポート25.0(VSジェフ千葉)

朝起きたら6時50分ぐらいだったので、15分で支度して家を出たんだぜ。まあ、間に合って良かった…

1時キックオフの10時開門っつーワケで、かなり早い時間の出発だったのだが、それでも清水に着いたのは9時半。シャトルバスは動き始めていた。それと清水駅着いた時に、この試合のメインスポンサーである会社の新卒者の観戦ツアーの場に出くわした。人事の人とか私服だったけど完全に見覚えあるし…べっ、別に悔しくなんかないんだからね!!サブプライムだし、金融はそんなに興味なかったからwww

スタジアム着いたのがちょうど開門と同時ぐらいだったかな。恐らく朝が早かったこともあり、満員だったにも関わらずそこまで遠くまで並ぶことにはならなかったと思う。

席を取ってからは即座にご飯を買いに。急いでたこともあり、ちゃんとご飯食べてなかったから腹が減って仕方なかったwww体調も優れてなかったこともあり、とにかく暖かいものを求めた結果が鶏飯(\600)だった。鶏そぼろご飯かな?に、暖かいスープが入っててかなり暖かかった。しかし、その時間帯はちょうど太陽も出ている時間帯だったので、そこまでありがたみは無かったかもww

ご飯買いに行ってるときにスカパーのブースで浦和戦やってたのでゴールが決まる時間を中心に立ち見していた。これはある意味当然かもしれないが、ゴールが決まった途端にテレビの周りにできていた人だかりが一気に消える光景が何とも面白かった。俺もその中の1人なんだけどwww何度かスタンドを離れたので、全ゴール見ることができた。スタジアムでテレビを見るのもなかなかいいね、パブリックビューイングの簡易版というか。

何か色々あった気がするけど、パルちゃんショーへ。今シーズン最後ってこともあり、今年不敗神話を築いた羞恥心のバーゲンセールだったww個人的には、あの有名なクリスマスソングの「We wish ~」のところを、うぃっしゅ!!とかけていたのが単純だったけど面白かったな。そういや、ヨネさんがいなかったな。

色々飛ばして試合開始へ。

序盤から試合はエスパルスが組み立ててた。しかし、なかなかフィニッシュまでは行けてなかったかな…そんな中で先制点を奪えたのは良かった。純平のクロスだかシュートだか分からんヤツがDFに当たった先に兵働が居て、よく見るとかなりスーパーなゴールだったと思う。落ちてくるボールにばっちりのタイミングで合わせたから、コースは素直でもGKが取れなかったでしょう。リーグ戦では初ゴールだが、カップ戦では貴重なゴール決めてるし、チームのアシスト王だから、にわかに信じ難いなww
リードしてからもペースはエスパルスに傾いていた気はしたけど、ワンチャンスから同点に…やはり巻だwwwただ、両CBの間に立たれてしまっただけに対処が遅れてしまったな。若干、アオの方が近かったが、彼だけの責任ではないし、レイナウドに簡単にクロスをあげさせた方が問題。あとは巻のヘディングの上手さにやられた。
こうゆう展開になると俄然千葉ペースになりがちだが、前半のうちに2点目が奪えたのは良かった。あの2点目は誰が何と言おうと児玉新のゴールですwwwてか、児玉ってCKの時は割と後ろに居ないか?そこにポジション張ってたことも高く評価したい。

前半をこのような理想的な形で終えることができたが、後半は少し停滞気味だったかも…リードしている状況だったので、下手に動くのも危ないけど、3点目が取れてなかったらどうすんのよと。にしても、3点目は兵働のセンスの高さと岡崎の成長が伺えたゴールだった。そして、このゴールで岡崎は今シーズン10点目!!待望の日本人エース誕生の瞬間を見ました。去年あたりはヘディングでのゴールが目立ったけど、今年は様々なパターンでゴールを挙げられてるところが成長を実感する。てか、最早A代表の常連だしなwwここまで成長すると予想したサポは一体どれだけいるのだろう?

後半はこれ以外では大きなチャンスは無かった。逆に千葉に決められ(またしても巻!!)、終盤はかなりのヒヤヒヤもんだったが、何とか耐え切って勝利。色々と難しい状況ではあったが、自分達の持ち味を出し切った勝利だったと思う。

全体的に見ると、2失点はやはり頂けないが(しかも同様のパターン)、それ以上に3ゴール挙げたことを称えるべき。1点目はこの試合何度も見られた右サイドの突破から生まれたゴール、2点目は児玉のゴールへ向かう気持ちの強さから誘発したオウンゴール、3点目は兵働の1本のパスから今季急成長の岡崎が持ち味を発揮したゴール。どのゴールも素晴らしいものだった!!それ以外のシーンでも、特に前半はボールを支配していたし、今のサッカーのレベルが高いことを示してくれたと思う。天皇杯もこの調子でやってくれれば期待も大きいよね。

続いて、各選手の個人的評価。

海人:2失点したものの、特に悪いって印象は無かった。西日にやられることも無かったしww
純平:あのオーバーラップは内田篤人クラスだと思う。先制点の起点にもなったし。想像以上に良かったです。だからクロスの精度を何とかしてくれ…
アオ:どちらかと言うと良い方のアオだったとは思う。強いて言うなら、1点目は巻にしっかりマークついていて欲しかった…
和道:ファーストシュート?にもなったヘディングを放つ以外でも、守備面でも持ち味を発揮。相変わらず彼がDFラインの生命線だよね。
児玉:個人的にはこの試合のMVPをあげてもいいぐらい。だって、2点目はあの位置で待ち構えてなかったら生まれなかったワケで。それ以外でもプレーの質は良くなってる。最後にもう一度。2点目は正真正銘児玉新のゴールですwww
テル:毎回同じこと書いてる気がするが、ディフェンスがハンパなく良い!!あと5年は見ていられますww
真希:何故か2失点目では巻と競ってたようだが…試合見て思ったが、真希は先発で使われるべき選手ですね。来季は淳吾、エダ、兵働とも対等に渡り合えるであろう。
兵働:全ゴールに絡んでいるし、リーグ戦では1点という結果以上にゴールには絡んでいるので、本当にエスパルスの攻撃の鍵を握っている選手だと思う。ここ最近は非常に動きが良い!!
エダ:ゴールには絡めなかったのと、少し存在感が薄かったかな…まあ、エダがトップ前線にいることで得点力は増したワケですから。
岡崎:待望の2桁得点で、本来児玉がもらうはずの10万円を持っていきましたwwwいやいや、ウソだって!!あんなドリブルから鋭くゴールを突き刺すストライカーまでに成長してくれて嬉しい限りです。
西澤:前々から噂はあったが、この試合が日本平でのラストマッチに…やっぱポストプレイは相変わらず上手いし、まだまだやれる選手だとは思うが、フル稼働できないってのが…しかし、夏場はかなり助けられた面はあるし、エスパルスでの仕事は十分にやってくれたと思う。来季もセレッソでサッカーを続けると信じてます。お疲れ様!!そして、ありがとう。

一樹:やっぱ、彼が入ると前線が活性化するね。FWとしては岡崎の次に点取ってるし、来シーズン以降も非常に楽しみな選手です!!
パウロ:相変わらず呼ばれてベンチへ向かうのが早いwwしかし、ちょっと危なっかしい場面が目立ったかな…
岩下:1点差になってから彼が投入されれば安心感が増すね。この試合は純平が頑張っていただけに交代のタイミングが遅くなったか。

監督:危なげない采配だったと思う。ペースが落ちてきた西澤に変えて一樹、存在感の薄かったエダに変えてパウロ、クローザーとして岩下と、どの交代も効果的だった。

審判:ボスナー退場は致し方ないよね。他にもちょいちょいラフプレーあったけど、その辺でちゃんとファウル取ってくれなかったのが目立った。まあ、変に荒立てるほどではないけどww

千葉:このホーム最終戦が満員になったのも、千葉サポのおかげ。アウェイ側の2階席が綺麗な黄色で染まっていた。あの「残留」ゲーフラも強く目に焼きついた(しかし、ああやって出すと後ろの広告が隠れるから実は…それもあって途中で引き上げたのか?)。内容としては、エスパルスが押していたし、勝ち点も簡単に献上するわけには行かないから、ああゆう結果になったが、負けても尚「WIN BY ALL!!」の大合唱、本当に最終節頑張れ!!と思いした。そして、その通りに残留!!来年も日本平でお待ちしております。
にしても、谷澤は本当に天才だww千葉の残留には彼の功績も大きいのでは?あと、昇平も今はレギュラーで頑張ってるし、巻には2年連続でやられるし(爆)

そんなこんなで千葉戦を振り返るのが最終節後になってしまいましたが…今シーズンの振り返りは天皇杯後にしたいと思う。そう、エスパルスにはまだ天皇杯が残っている!!試合後のセレモニーで監督も言っていたが、11月1日の忘れ物を1月1日に取り返さなければいけないからね!!来シーズンの補強の話なんかもそれ以降だよね。

 

お気づきの方も多いでしょうが、今回の観察記は写真ゼロです。忘れたわけではない。やんごとない事情で持って行けなかっただけなので、悪しからず。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年11月 4日 (火)

涙の数だけ強くなればいいんだよ

遅ればせながら、ナビスコ決勝を見ました。結果はリアルタイムで把握できたんだけど、とやかく言うのは試合をしっかり見てからにしようと…

まずスタメン。ガンバ戦の市川―パウロの右サイドコンビを、この試合は岩下―真希のコンビに。正直、俺も後者の方が良いんじゃないかと思っていたので、異論は全く無かった。
前半は決勝戦に合わせた戦いをしていた(セットプレーを中心に)。真希のミドルシュートは相変わらずキレが良い。一樹に当たってしまったのだって(コース変わったのは悪くなかったと思う。運悪く枠外だっただけ)完全に枠捕らえてたし。ただ、前線3人が思ったような動きができなかったのが…守備に関しては海人が身体を張って守ってくれた。彼だったから前半は0-0で済んだようなもん。
後半は最初の方で惜しいチャンスがあったが、それ以降が…1失点目の場面はエスパルス側の左サイドがぽっかり空いてしまったのが痛かった。後は高松の大舞台での強さにやられた。エスパルスもその後イチ・パウロ同時投入、矢島投入と動くも、同点ゴールは奪えず(矢島のシュートは非常に惜しかった!!)、ロスタイムに2失点目…和道が焦ってしまったな。

2-0で完全に試合は決まってしまった。12年ぶりの栄冠とはならず…

大分はやはり強かった。守備が完璧過ぎる。そして決めるべき選手、時間帯できっちり決めてくるあたりが流石。ただ、圧倒されていたかと言えばそうではなかったと思う。エスパルスもセットプレーからチャンスを作っていた。やはり、ここ最近爆発していた前線の3人が抑えられて…エスパルスが川崎やガンバといった力のあるチームにやっていたサッカー、つまり相手の持ち味を出させないサッカー(と、俺は勝手に解釈してるがww)を大分にしてやられた気がした。悔しいが大分の方が実力が上だったと言うしかない。しかし、敢えておめでとうとは言わない。やっぱ悔しいからwww

試合終了後、和道が涙を流しているところが映った。キツい言い方かもしれないが、2失点目は彼のミスからでもあったし、責任も強く感じていたのだろう。しかし、この日流した涙を無駄にしないためにも、残りのリーグ戦そして天皇杯でこれまでのリーグ戦のような戦いを見せることが重要。その流した涙の分だけ強くなればいいと思う、往年の名曲のように。

最後に、選手・監督にここまで連れてきてくれてありがとうと言いたい。長谷川政権になって、これまで二度優勝の瞬間を間近で見ている。二度あることは三度ある、ではない。三度目の正直で次はエスパルスが栄冠を手にする番ですよ!!!!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年10月28日 (火)

エスパルス観戦レポート24.0(VS川崎フロンターレ)

9月が3回、10月がこれ入れて2回の更新…来月は1回…?それは無いようにしたい、マジで。という事で、今になっての川崎戦レポートですが何か!?(酷い開き直りですね、分かります)

 

結局、9月は観戦行けなかったので、2ヶ月弱ぶりの観戦だった。こんだけ空くと前日からテンションも多少は上がるもんですwwそして、かなり久々のデーゲーム、朝も早起きだったが、問題なく起きられた。

11時過ぎに清水駅に到着したのだが、既にシャトルバスらしきものが…何だろうと思ってスタッフの方に聞いてみたところ、後援会員優先のバスで、通常の開門30分前に出るバスよりも早く、且つ無料でスタジアム(坂の上だったが、問題ナシ!!)まで行けるとの事。勿論カード持っていたため乗れました。いつからやってたのか分からないけど、早めに着けるし、300円浮くし、これはかなりありがたい!!

到着時もそこそこ人が居て、12時過ぎぐらいには坂の上まで列が並んできたので、10分早い開場に。この時、パルちゃんが出迎えてくれる際にチケット差し出したらどんなリアクションを取ってくれるのかと思ってやってみたのだが、あんまり長く止まっていられないのもあって不発に終わったwww次はもうちょっとやりやすいボケを考えておく。

昼食買いに行ったのだが、それまでにお菓子食ってたのと、スタジアム入りする時にポッキーもらったので、そこまで量のあるものじゃなくていいかなと思い、前に一度食った七穀ステーキサンドを購入。前食った時は肉が冷めている感じでそこまで美味しさを感じなかったが、今回は比較的出来立てだったのか非常に美味しかった。この時に児だ豆(枝豆)キャンペーン<10月18日(土)川崎フロンターレ戦 児玉新選手 エスパルス公式ブログ『Ara-talk』発 『児だ豆(枝豆)プレゼント企画』実施のお知らせ>で児玉にメッセージを書いて投稿する紙をもらったので、実際に書いて投函してきた。メッセージ、読んでもらえるといいなぁ。しょーもない事書いたけどwww

その後、スタンドへ戻った時に更なるイベントが待ち構えていた!!この日はケータイサイトの企画で選手への質問をスタジアムで行うっつー事で(詳しくはココ)少し気になっていたのだが、そのスタッフが近くにやってきた!!近くにいたカップルに依頼していたのだが、断られてその右側にいた俺らが目を付けられた!!

スタッフ「どうも、エスパルスのケータイサイトのスタッフなんですが、ケータイサイトご利用になられていますか?」
「ハイ、使ってます。」
スタッフ「ありがとうございます!!それでですね今回、(中略)…なんですけど、ご出演していただけますか?」
「(二つ返事で)ハイ、喜んで!!」

てか、待ち構えていましたよ。近くにいる間にタオマフを巻いて準備は万端でしたwww

何人か選手が挙げられていて、その中で俺が選んだのは…そう岡崎慎司!!今が旬の彼にする質問と言えば…そう、産まれてくる子供に関してww代表じゃないんかい!!と言われるかもしれないが、そうゆうのは他の人がするだろうと思うので、俺はプライベートの方へ。ただ、この質問もありそうな気もするけどね。ちなみに俺がした質問は「お子さんの名前はもう決めましたか?」。もし採用されれば、11月中旬にケータイサイトのしつもん茶屋で俺の顔が映った動画が流されます。しかも、承諾書(署名)のところにあえて本名書いたから、名前が出る場合はニックネームとかではなく、フルネームで出るようですwww自分が考えていた上手い言い回しとかできなかったし、カットされるんじゃないかとは思ってるんだけどさ。

続いてパルちゃんショー。最初は何度か見覚えのあるペッパー警部。上の写真を見ても分かるようにパルちゃんがいません。このままじゃ終わるわけ無いのは里田まいだって木下優樹菜だってスザンヌだって分かります。

Dscn1708  

Dscn1709  

Dscn1710  

Dscn1712  

キターッ!!だったり、実に面白いだったり、旬のネタを盛り込んで楽しませてくれました。ただ、このショーのMVPは間違いなくヨネさんだと思うwww

その後のウォーミングアップ~選手入場まではサクっとカットで(爆)そうそう、スタンドで座ってた時に、どっかのサポータークラブの人に話しかけられて、ゲーフラ揚げてくれませんか?と頼まれたため、選手入場の際にはいつものタオマフではなく、このゲーフラを揚げました。日本平によく来てる人なら一度は目にした事がある…はず?

Dscn1707  

ちょwwさすが清水www

ようやく試合へ。
初っ端にジュニーニョ辺りにシュートを撃たれて少しヒヤっとした。エスパルスも児玉の積極的なシュートや、岡崎の惜しいシュートでチャンスを作る。先制点が決まるまでは護五分五分の展開だったと思う。そのような展開の中で生まれた先制点は非常に大きかった!!左サイドを一樹が素晴らしい突破をし、センタリング。ファーに流れたボールを岡崎が折り返し、DFのマークを外したところに居たエダがフリーでダイレクトボレー。GKも止められず、エスパルスが先制!!前線の3人が連動して相手DFを崩したってのが大きい。ただ、川崎のCB(というよりは井川)はちょっと中央を空けすぎてたなww
その後、レナチーニョにあわや同点ゴールとなるようなビッグチャンスを作られたが、運も味方し、前半は点取った後はエスパルスが優勢に試合を進めた。

そして後半へ。後半が俄然エスパルスがらしさ発揮、てか川崎の良さを封じ込めていた気もする。こうなれば追加点が欲しい!!ってところだが、今のエスパルスはそれも簡単にやってのけるのであった。兵働のCKから、誰かが競って、こぼれたところにいた岡崎がシュート!!が、一樹に当たりゴール。95%岡崎のゴールだったが、一樹が思いっきり触っていたので一樹のゴールww俺はすぐに気付いたよ。あ、岡ドンマイと(爆)
2点のリードを奪い、その後は試合が膠着したが、対する川崎には仕事をさせず、エスパルスも落ち着いた試合運びで乗り切り、2-0のまま試合終了。約2ヶ月ぶりの観戦も勝利を見届けることができました!!てか、その柏戦から日本平では連勝が続いてるんだよな。いやー、強いww

勝利した試合ってのは往々にして内容には満足なのだが、その中でもこの試合は1番の満足感を得られたと思う。それぐらい見ていて完璧な試合だったと思うし、変なストレスも溜まらなかった。何と言ってもリーグ1の攻撃力を持つ川崎攻撃陣にゴールを決められなかった、思うような仕事をさせなかったのが素晴らしかった!!最終ラインだけでなく、中盤からも良い守備ができてたと思うし、前線の2人も積極的にプレッシャーを掛けていたのがこのような試合展開に繋がったんだと思う。どの選手も自信を持ってやれていると思う。

ここからは各選手の個人的な評価。

海人:非の打ち所がないぐらい、安定したプレー、セービングを見せてくれた!!わざわざ変える要素、隙を見せてないからレギュラーを確保しているんだよな。
岩下:相変わらず守備は良い。それに加えてビルドアップも徐々に増えてきたように思う。SBが板についてきたから、あとはキックをもうちょっと頑張ってくれwww
アオ:以前に比べると安定感が増したかなと思うよ。強力FWをよく抑えていた。こうゆうプレーを続けることで、その上のステップへと進めるだろう。
和道:後半にあった、テセのシュートをスライディングで防いだシーンは、DFとしてのセンスの高さを感じた。終始安定したプレーで無失点。
児玉:前半最初のシュートは凄く良かった。守備能力が高いのは十分分かっているし、それに加えて攻撃にも絡めるようになれば最強のSBですよ!!
テル:素晴らし過ぎるディフェンスだった!!前半にあったカウンターもしっかり戻ってシュートを防いだシーンは圧巻だった。
真希:彼がスタメン定着してからは初めて見たのだが、パスセンスが良い。ただ、後半のフリーになった場面ですぐシュート撃てなかったせいでレナチーニョに防がれたのは少し残念。
兵働:キックの精度の良さは相変わらず。途中はFKを直接狙ってみたり、積極性も凄く良かった!!
エダ:先制点も、そこにしっかりと詰めていたから生まれたゴール。彼がノってくるとチームもノるんですよね。正に今がそう。
一樹:先制点を呼び込んだドリブル突破、95%ぐらいの確率だった2点目を100%にしたあのタッチ、どれを取っても素晴らしい働きだったと思う。岡崎のコンビは180以上の法則を見事に打ち破りました!!
岡崎:この試合ではゴールこそ付かなかったものの、2アシストというその働きっぷりは異常ww最高のプレーを見せてくれたと思う。

パウロ:とりあえず、呼ばれた時にダッシュでベンチに向かい、10秒も経たないうちにユニフォーム姿になってるあなたに萌えですよwwwそして終盤のパウロ劇場。プレ云々よりもそっちへ目が行ってしまうのは果たして良いのか悪いのか(爆)
戸田・イチ:あまりに出場時間が短かったので…

監督:パウロ投入は丁度良かったと思う。パウロ投入で試合が落ち着いたから、そのお陰で交代も下手に使う必要なくなったし、万が一にも対応できてたと思う。

審判:あの「して」西村だったが、そこまで酷いジャッジは見受けられなかった…と言いたいところだが、井川へのファウルジャッジの少なさはどうかと。それ以外はまあまあ。カードも出さなかったし。

川崎:どうやら日本平とは本当に相性が悪いようでww実際、前線の選手達は恐かったし。特にレナチーニョ。ヤツは凄い!!あれで俺よりも年下なわけだから、数年後はもっと恐ろしい選手になっているだろう。あとは憲剛に仕事をさせなかったのが大きい。テルが効いてたな。DFは井川がちょっと…エスパサポからもかなり野次られてたなwww山岸に対しては申し訳なかったと言うしかないですm(_ _)m
あと、川崎サポの多さに感激!!スタジアム着く前から結構グレミオカラーのユニを見て、沢山入りそうな予感はしてたけど。試合中も変なブーイングとか無かったし、非常に好感持てるチームだと思った。個人的には優勝期待してるんで、あと全部勝っちゃって鹿島を追い抜いてください!!

Dscn1715  

この勝利で更に上位に近づき、この前のガンバ戦にも勝利したことで、残留争いから上位争いへと完全にシフトしました。F東京が鹿島に勝ってしまったため(Jリーグ的には空気を読んだ展開ww)、今節もまた8位だが、確実に差は縮まっている。エスパルスはひたすら勝ちを続けるだけ。例え次戦う相手が崖っぷちだとしても、そんなのお構いなし。そんなKYな感じで今後のJも勝利を続けていくのみ!!!

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年9月20日 (土)

ありのまま、今起こったことを話すぜ

旅行の事を書く前に言っておくッ!
おれは今スカパーで神戸戦をちょっぴりだが(いや、ガッツリと)観戦した。
い…いや…観戦したというよりはまったく理解を超えていたのだが……

あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!

『最悪引き分けでもいいかと思っていたロスタイム、岡崎がCKから決勝ゴールを決めた』

な… 何を言ってるのか わからねーと思うが(普通分かるww)
おれも何がおこったのかわからなかった…

頭がどうにかなりそうだった…

催眠術だとか超スピードだとか
そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ

もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…(サッカー的な意味で)

※テキスト部分のサイズ的にAAは入らないからカットしたんだぜ

こんなジョジョネタを使ってしまうぐらい、岡崎のゴールには痺れた。マジでアウェイで負けなきゃ十分だ、ぐらいに思っていた。そんな自分が今となっては恥ずかしいねwww

今日はバイトも入れてなかったから、スカパーでじっくりとサッカー観戦。前節の札幌戦とは児玉→岩下、真希→兵働、矢島→西澤と3人のスタメンチェンジ。真希に関してはやむを得ない事情だが、他の2人は個人的にアリだと思うので、期待を持てるスタメンだった。が、そう思うようには行かなかった。前半は神戸に圧倒される、という事も無かったが、エスパルスも攻め手に欠く前半だった。エダが上手く絡めてなかったのが、シュート4本に終わった原因だったかなと…決して兵働が悪いという訳ではないのだが、真希とエダのコンビネーションが良すぎるという証拠。

後半は神戸がかなり攻撃的に。最初は結構精度に欠くシュートが目だったが、時間が経つに連れてかなりヒヤッとするシーンが…2回ぐらい、立て続けにそんなシーンがあって、そこで決められなかった事にもの凄く救われた。エスパルスもそれなりにチャンスはあったが、神戸のような2度の決定機は訪れず。しかし、ロスタイムにドラマが待っていた!!この試合、何度もあったCKからのチャンス。最後の最後に実を結びましたね。兵働がニアに蹴り込むと、そこに詰めた岡崎が難しい体勢からのバックヘッドに近いダイビングで合わせる。本当に隙間を縫うようなコースに決まり、文句無しの決勝ゴールだった!!この日は、89分間ピリッとしたプレーが少なかった岡崎だが、最後の1分でとんでもない仕事をしてくれた!!エスパルスのFWの軸である事には最早異論は無いのだが、これは日本を代表するFWの一角になる可能性も出てきたんじゃないだろうか?まだ早い!?いや、それにしてもリーグ戦は4試合連続ゴール!!エスパルスが求めていたのは、こうゆうコンスタントにゴールが取れる選手なんだよ!!前半戦はそれが無かったから苦戦した。しかし、後半戦は岡崎が居るから順位も上がって来ている。これを続けていけば「残留」という言葉から逃れられると思う。

とはいえ、まだ安心は出来ない状況には変わりない。今日だって、内容としてはあんま良くなかったと思う。そんな中でラストチャンスで決め、アウェイの地で勝ち点3を取るという強さがある事は事実。特に神戸にはほぼ同じような形で日本平にやられているので、喜びも大きい。おまけに勝ち点で並んでいたこともあり、非常に大きな勝利だった!!特にヴェルディが負け、柏が引き分けたことで順位もようやくアップ。順位的に見れば一安心なのだが、次はヴェルディが相手と、気の抜けない戦いが続く。ただ、こうゆう緊張感が続くのはありがたい事。次節も勝ち点3をゲットしてくれる事でしょう。23日行きたくなってきたなぁwww

勝利の興奮のままに書いてみました。旅行ネタとかもこれぐらいの勢いで書けって話ですよねwwwいや、マジで更新しますんで…もう暫くお待ちを。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧